ニッポン銭湯風土記
連載をフォローする

東京・三河島で出会う「江戸」の幻影(前編) 帝国湯

富士山ペンキ絵、そして立ち現れる「江戸」

浴室では、真正面にドーンと男女ぶち抜きで描かれた雄大な富士山ペンキ絵が目に飛び込んでくる。その下に九谷焼のコイのタイル絵があり、手前に3槽の湯船が並ぶ。これらもすべて東京銭湯の典型だ。

女湯側には子ども連れのためだろう、ペンキ絵に浜辺を散歩する親子やニンジンロケットに乗るウサギなどが小さく描かれ、男女隔壁のモザイクタイル画には鹿の親子が描かれている
女湯側には子ども連れのためだろう、ペンキ絵に浜辺を散歩する親子やニンジンロケットに乗るウサギなどが小さく描かれ、男女隔壁のモザイクタイル画には鹿の親子が描かれている

が、ここで私が最も心を奪われるのは、庭側に大きくとられた木製サッシの窓。この古めかしくも明るいガラス窓と、手入れの行き届いた庭の風情がなんとも良い。窓際のカランに陣取って湯を使っていると、どこかの温泉地にいるような楽しい錯覚に見舞われる。そして人口過密で満員電車で忙しくて騒々しくて……といった「東京」はいつしか消え去り、代わりに豊かでおおらかな「江戸」がおぼろげながら目の前に現れて、「東京は元々こうだったのさ」とニッコリ教えられているような気がしてくる。

湯船側から見た庭の窓
湯船側から見た庭の窓
窓の下のカランを使う
窓の下のカランを使う

「飛び上がるような」熱々の湯の洗礼

さて、東京銭湯の洗礼はここからだ。3槽に分かれた湯船の右端は……出ました、飛び上がるような熱湯(あつゆ)風呂。しかも底からは気泡が噴出、まるで焼きごてを当てられているかのよう。私は片足をなんとか底につけるまでの数秒が精いっぱいだった。

【動画】富士山の溶岩のお湯吐きからは熱湯が注がれる。その向こうのタイル絵のコイたちは、この滝を昇るためにみな滝のほうを向いて描かれている

その隣の湯船は慣れればなんとか入っていられる。左端の小さな湯船はホッとするようなぬるめの薬湯で、実母散(じつぼさん)の入った布袋が浮かべられて良い香りがする。

薬湯の説明板(上)と、超音波(ジェット)の説明板(下)も年季が入っている
薬湯の説明板(上)と、超音波(ジェット)の説明板(下)も年季が入っている

帝国湯の湯は地下水の薪(まき)沸かし。人が手をかけて建物や設備を維持し、昔ながらに日々薪をくべて、この熱い湯が沸かされ続けている。

女湯には珍しい髪洗い用の足つきおけがある
女湯には珍しい髪洗い用の足つきおけがある

銭湯の庭というぜいたく

脱衣場に戻ると、落ち着いた庭の風情が迎えてくれる。東京以外では、このように庭に広いスペースが割かれた銭湯にはあまりお目にかかれない。庭を背にして半裸でベンチに腰掛けたり、棚に置かれた漫画本をパラパラとめくったり……うむぅ、思わず唸(うな)るほどのぜいたく空間だ。

この一角は老舗旅館をほうふつとさせる
この一角は老舗旅館をほうふつとさせる
庭に出ると雨ざらしの「濡(ぬ)れ縁」がガラス戸をとりまいている。わずかに表面が波打つ昔のガラスが味わい深い
庭に出ると雨ざらしの「濡(ぬ)れ縁」がガラス戸をとりまいている。わずかに表面が波打つ昔のガラスが味わい深い

女将によると、ここで毎年白い花を咲かせるヒイラギは老樹となって葉のとげがなくなり、幹の分かれ目でキジバトが営巣するという。それにしてもこの銭湯に通う客たちにとっては、ここでこんなふうに浴後のひとときを過ごすことが日常なのか……。これもまたまぎれもなく令和の東京風景なのだ。

庭には多種多様な植物が四季折々に花を咲かせ、池ではコイが自然繁殖。そのコイを狙ってゴイサギが来るという。庭の壁には関東大震災で残ったと思われるれんがが今も一部使われている
庭には多種多様な植物が四季折々に花を咲かせ、池ではコイが自然繁殖。そのコイを狙ってゴイサギが来るという。庭の壁には関東大震災で残ったと思われるれんがが今も一部使われている

湯上がりは裏手のヤスウマ中華

なんともいえぬ充実感とともに外へ出ると、今までいた風格に満ちた空間とは打って変わって、元通りの三河島風景。風呂上がりはたいてい空腹だ。帝国湯の裏手、歩いて1分もかからないところにある「すずき」という小さな中華料理店は、いかにも下町のラーメン屋風情ながら、築地市場の有名な老舗食堂に長年勤めた店主の腕前はあなどれない。壁には気になるメニューが並んでいて悩むが、一つだけ大きなフォントで、しかも赤字で書かれている「ピリカラ湯飯(ゆめし)」とシューマイを注文。

ピリカラ湯飯(ゆめし)600円とシューマイ400円
ピリカラ湯飯(ゆめし)600円とシューマイ400円

ピリカラ湯飯はこの店のオリジナルとのこと。具だくさんでとてもお値打ち感がある。大きくてプリンプリンのシューマイはソースと辛子で食べる。これは築地の老舗スタイルだそうだ。シューマイをソースで食べるのは初めてだが、どっちも「うまい!」と思わず声が出てしまった。相客の女性2人組は「ニラそばもおいしいですよ」と教えてくれたが、もうビール大瓶も飲んでしまっておなかいっぱい。

すずきは、11:30~14:00、17:00~21:00営業。月曜定休+不定休
すずきは、11:30~14:00、17:00~21:00営業。月曜定休+不定休

風格に満ちたレトロ銭湯と、安くてうまい食堂。この取り合わせを楽しめる三河島の名を、銭湯好きなら覚えておいて損はないだろう。

*銭湯内の撮影は許可を得ています。

後編へ続く

東京・三河島で出会う「江戸」の幻影(前編) 帝国湯

【帝国湯】
東京都荒川区東日暮里3丁目22−3
電話 03-3891-4637
営業時間 15:00~22:00 月曜定休

「旅先銭湯」シリーズ

本連載の著者・松本康治さんが、全国のレトロな銭湯や周辺の街を訪ねたムック本「旅先銭湯」は、書店やネット、各地の銭湯で販売中。松本さんは「ふろいこか~プロジェクト」を立ち上げ、廃業が進む銭湯を残したり、修復したりする活動も応援しています。

REACTION

LIKE
COMMENT
4
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら