ゆるり はんなり 京都の特等席
連載をフォローする
SPONSORED

阿弥陀様の「ご縁」に導かれ、秋の金戒光明寺へ

SPONSORED
三門の向こうに広がる薄暮の京都市街。右奥には京都タワーも見える

京都人の間では「くろ谷さん」という呼び名で親しまれている金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)。近年では、通称“アフロ大仏”こと五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀仏が話題となった浄土宗最初の寺院です。くろ谷という地名のルーツは、宗祖、法然上人の修行の地である比叡山。法然上人は15歳の時に山に登って俗世との関わりを絶ち、比叡山の北谷にある黒谷の地で仏道修行に励みました。現在の地名は黒谷町ですが、過去には比叡山の黒谷に対し、「新黒谷」と呼ばれていたそうです。

阿弥陀様の「ご縁」に導かれ、秋の金戒光明寺へ
三重塔へと続く石段脇。アフロのような螺髪(らほつ)がトレードマークの五劫思惟阿弥陀仏

浄土宗、はじまりの地。新撰組も通った幕末の要所

法然上人が立教開宗し、比叡山を下りたのは1175(承安5)年と伝わります。齢43。「南無阿弥陀仏」を唱えると、身分に関わらず、誰しもが浄土に往(ゆ)くことができる浄土宗の教えを民衆に広めるためでした。下山後、立ち寄った山の山頂の石の上で念仏を唱えたところ、来迎(らいごう)の際に阿弥陀如来が乗る紫雲が山を満たし、光明があたりを照らしたことから、この地に念仏道場が開かれました。天気のいい日には京都市内のみならず、大阪まで見渡せる山門。その楼上正面には、浄土宗のはじまりの地であることを示す、後小松(ごこまつ)天皇による「浄土真宗最初門」の勅額(ちょがく)が掲げられています。

時代は下り、尊王攘夷(そんのうじょうい)運動の嵐が吹き荒れていた幕末の京都。悪化の一途を辿(たど)る都の治安維持のため、徳川幕府は京都守護職という職制を新たにつくります。守護職に任命された会津藩主の松平容保(かたもり)が、およそ千人の家臣を従えて入洛(じゅらく)。その本陣が置かれたのがここ、くろ谷でした。現在も、寺の北東には鳥羽伏見の戦い等で散った会津藩の戦死者らを祀(まつ)る墓地が広がっています。

阿弥陀様の「ご縁」に導かれ、秋の金戒光明寺へ
松平容保が謁見に使用した大方丈向かいの南庭。中央には唐破風の勅使門が

岡の上に立つ金戒光明寺はいわば自然の要塞(ようさい)になっており、敵の動きを探る物見にも最適な地。寺に本陣というと意外に思われるかもしれませんが、この地でなければならない理由があったのです。ちなみに、京都守護職の預かりとなったのが、将軍の上洛(じょうらく)警備のために江戸からやってきた浪士組、後の「新撰組」。くろ谷を舞台にした会津藩と新撰組の連携と活躍により、京都の治安は著しく回復したのでした。

NEXT PAGE水鏡に映る、池泉回遊式庭園

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら