フィンランドで見つけた“幸せ”
連載をフォローする

マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法

15分でまつ毛が凍る、樹氷の森さんぽ

次の日の朝、イグルーのまわりを思う存分散策することに。このとき、おそらく外気はマイナス20度前後だったと思う。零下では、カメラやスマホのバッテリーがすぐになくなってしまうことを聞いていたので、スマホにカイロを貼ってみた。耳が隠れる帽子と首巻きは必須、手袋はスマホの操作ができる薄手のものに、寒冷地仕様の分厚いものを重ねて、準備は万全だ。

マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法
この明るさで午前10時ごろ。レヴィの12月の日の出は、午前11時前後

マジックアワーが続く薄明の森は、明け方の夢の中の世界のように幻想的だ。青い空気の中にたたずむ木々は雪と氷に覆われて、雪の中では物音がほとんどしない。真っ白にいてつく木々は、遠くから見ると美しいガラスのオブジェのようなのに、近くに寄ってみると積もりたてのやわらかな雪が枝の先々までふんわりとのっていて、なんともかわいらしい。

日の出が近づくと、東の空はほんのりと明るくなり、えもいわれぬ美しい色になる。

サーミの人たちが暖を取るのに使ったという、円錐(えんすい)形の小屋「コタ」が埋もれるようにして立っていた。軒先にはつららが連なり、窓枠も凍っていた。

マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法
クリスマスにはこのコタに、サンタクロースがやってくる

風はなかったので、寒いという感覚はあまりなかった。ただ、カメラやスマホを操作するために、厚手の手袋を外すと、すぐに強い冷気が薄手の手袋を通して伝わってくる。

自分の息が湿ってあたたかい。スチームのようで心地よいけれど、呼吸をする度にまぶたがだんだん重くなり、瞬きすると妙に冷たい。スマホのカメラで自分の顔を確認してみると、なんとまつ毛がびっしり白く凍っていた。

楽しくなってそのままシャッターを押した瞬間、たっぷり充電したはずのスマホのバッテリーは落ちてしまった。わずか15分間程度の散策の間での出来事だった。

ラップランドの旅では、町から町へと移動する際に出会った、ひとときの風景も印象深く忘れられない。レヴィからサンタクロース・ヴィレッジのあるロヴァニエミへの長距離バスの窓から見えた、森の中にぽつんと立つ小さな家にともっていた明かりや、森の中のいてついた停車場で一人バスを待っていた女の子、車内から見た午前11時のマイナス20度の夜明け。

マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法
バスは田舎道をひたすら走っていく。北欧らしい赤い壁がかわいらしい一軒家
マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法
森の中のバス停では、学生らしい女の子が乗ってきた
マイナス20度の風景 ラップランドの冬の魔法
ロヴァニエミ近くで迎えた夜明け

日本を発つ前から楽しみにしていた犬ぞりも、オーロラも、トナカイのそりも、どれも旅のハイライトだったけれど、本当に心の中に残るのは、いつも、こうした旅のふとした瞬間の風景なのかもしれない。そしてそうした風景が、また次の旅への憧れを駆り立ててやまないのだと思う。

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら