国境なき衣食住
連載をフォローする

紛争地での休日の過ごし方 「完全に休む」ことの意味

スリランカのヌワラエリヤで紅茶畑でティータイムを楽しむ白川さん© MSF

国境なき衣食住」は、国際NGO「国境なき医師団」の看護師として紛争地や危険地に赴任してきた白川優子さんが、医療・人道援助活動の傍(かたわ)らで出会った人々、触れ合った動植物、味わった苦労や喜びについて、哀感を込めてつづるエッセイ連載です。

先日、アフリカのチャドという国から帰国してきた、人事や経理を担当するアドミニストレーターと話す機会があった。彼女は、2020年にMSFに参加した。色々と話が盛り上がり、ひょんなことからMSFの派遣中のホリデーの話になった。今までに4度の派遣の経験の中で、特に彼女の忘れられない素敵なホリデーの思い出があるという。

ナイジェリアの性暴力被害者に対応するプロジェクトに派遣されていた時に、セーシェル共和国という東アフリカ、インド洋に浮かぶ島国で休暇を過ごしたことがあるという。彼女はそこで、サンゴ礁と白い砂浜のビーチ、そしてシーフードなどを楽しんできたようだ。夜は夕陽に包まれ波の音に囲まれ過ごしていたことなど、その時を回想する彼女の瞳や、声のテンションから、いかに彼女がセーシェルで癒やされてきたのかが伝わってきた。

活動後3カ月で1週間の休暇

MSFの派遣というと、不眠不休で現地での人道援助に没頭しているようなイメージも持つかもしれない。場所によっては緊急時などにそのような事もあるかも知れないが、そんなことを続けていたらさすがに身体がもたない。

紛争地での休日の過ごし方 「完全に休む」ことの意味
紛争地のイエメンで手術を行う外科チーム。中央が白川さん© MSF

基本的には週に1、2日の休みがあり、また派遣期間が6ヶ月を超える場合は、活動を開始してから3ヶ月を過ぎると1週間の長期休暇をもらうことができる。私の場合は、1回の派遣の期間が1~3カ月という短期が多く、長期休暇にはなかなかありつけないところが残念ではある。

ただ、実はそんな場合でも、5~6週間に1度、2泊3日程度のミニブレイクと呼ばれるものも存在し、その間は宿舎ではない場所に移動して完全に仕事から切り離してもらえる。私など、「たった2泊のために移動したり荷物を準備したりするのはめんどうくさいし、だったら宿舎でこのまま3日間寝て過ごしたい」などと考えてしまうが、この考えは実は取り入れてもらえない。

仕事場と切り離された場所に行くことの意味

体とともに精神も休ませないと意味がなく、やはりここは、仕事場ときちんと切り離された環境に身を置くことが大切なのだ。確かに宿舎内にいたら、他のスタッフ達が出勤していく姿を横目に、自分だけ休んでいることへの罪悪感なども湧いてきてしまうだろうし、近くにいる患者の容体やオペ室の状況などつい気が気でなくなってしまいそうだ。

そして、実際に仕事場と完全に切り離された環境下でミニブレイクを取ってみると、「完全に休む」という概念とその効果、そして休むことがいかに大切なことであるかを実感する。セーシェルで休暇を取った彼女は、ナイジェリアの活動地に戻ってからの仕事のはかどり方が全然違った、と言っていた。

ちなみに紛争地では必ずしも移動の自由があるとは限らず、またセキュリティが保証されながらかつ休暇を楽しめるような場所の確保は簡単ではない。その場合は同じ国内の別のMSFプロジェクトの宿舎や、コーディネーションチームの宿舎に移動し、そこで休暇をとることもある。観光を楽しむことはできないが、仕事場が近くにない、つまり仕事からは切り離されることだけでも心身を休めるためには大きな意味を持つだろう。

NEXT PAGE心に残るスリランカでの思い出

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら