海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

九州最南端の路線で見つけた、遠く幻想的な海

日没とともに、鹿児島中央方面へと向かう列車が到着した

白沢駅で出会った、オレンジの世界

このとき日没まで30分を切っていたが、どうしても行きたい駅がもう一つあった。隣の白沢駅だ。

列車を待っていると日が暮れるため、あらかじめ呼んでおいたタクシーへと足早に乗車。距離にしておよそ3キロ、5分ほどで到着した。

薩摩板敷駅とは違い、白沢駅は集落の家々に挟まれるように、ひっそりと立っている。

白沢駅の隣は民家。夕焼け空に吸い込まれるようにホームへと上がった
白沢駅の隣は民家。夕焼け空に吸い込まれるようにホームへと上がった

民家の脇にある砂利道を通って、誰もいないホームに上がると、視野が一変。家並みが途切れ、足元から草地が広がった。薩摩板敷駅で見た眺めよりも少し荒涼としていて、こちらは崖の上の草原、といった様相だ。その向こうには、まだわずかに青色を残した東シナ海。空はもう、淡い青色からぼんやりとしたオレンジ色に変わっていた。

白沢駅の先に広がる草地と海。ぱたりと途切れた陸に、果てを感じる
白沢駅の先に広がる草地と海。ぱたりと途切れた陸に、果てを感じる

白沢駅は、海の情景もさることながら、カーブした線路の風情がたまらない。しかも、線路の行く先には夕日。雑草に隠れていた線路は光の筋となり、ホームの上屋はシルエットとなって夕焼け空に浮かび上がる。日没前にしか見られない、美しい逆光の世界だ。

光る線路、駅のシルエット、雲ひとつない夕焼け。一日を締めくくる最高のごほうびだ
光る線路、駅のシルエット、雲ひとつない夕焼け。一日を締めくくる最高のごほうびだ

夢中でシャッターを切っていると、どこからか汽笛の音。午後6時44分。太陽が山の陰に沈むと同時に、鹿児島中央方面へと向かう、帰りの列車が到着した。

薩摩板敷駅と白沢駅。それぞれ短い滞在だったが、どちらにもほかでは見られない印象的な場面があった。時間をかけて遠くへと足を運んだぶん、新しい景色に出会える。そう確信できた旅路になった。

九州新幹線鹿児島中央駅からJR指宿枕崎線で約2時間30分。

■JR九州

https://www.jrkyushu.co.jp/railway/index.html

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら