Lorenzo STYLE
連載をフォローする

フリー・デザイナーの先駆者G.ミケロッティ、日野やプリンスも

トリノ自動車博物館 ジョヴァンニ・ミケロッティ企画展の会場

ドイツ「BMW」との協業では、リアエンジン、フロントエンジン双方の車種を手掛けた。

1968年「1800ノイエ・クラッセ」の逆反りしたフロントフェイスは、のちに同ブランドのエクステリア・デザインにおけるひとつのアイデンティティーとなった。

ミケロッティ
「BMW1800ノイエ・クラッセ」1968年(右)

フランスの1963年「ルノー・アルピーヌA110」では、FRPを用いた軽量ボディに挑戦。見事に成功した。2017年の新生A110は、ミケロッティによるオリジナルデザイン無しには、有り得なかったデザインである。

ミケロッティ
「ルノー・アルピーヌA110」1973年

1960年代初頭、発展途上だった日本メーカーにも手を差し伸べている。

ひとつは旧プリンス自動車の「スカイライン・スポーツ」2ドアクーペおよびコンバーティブルである。当時の日本車としては超弩(ど)級の高級車だったこのモデルは1960年トリノ国際自動車ショーでデビューを飾ったのち、1962年に生産型が発売された。

フリー・デザイナーの先駆者G.ミケロッティ、日野やプリンスも
「プリンス・スカイライン・スポーツ トリノ国際自動車ショー展示車」、1960年 (写真:日産自動車)

もう1台は冒頭で記した日野自動車である。1962年トリノ・ショーに出品されたショーカー「コンテッサ900スプリント」でスタート。協力関係は、量産車である1964年「コンテッサ1300」に結実する。

日本のスパイ小説にも登場?

日本ついでに余談を記せば、日本の作家・梶山季之氏の産業スパイ小説『黒の試走車』には、ミケランジェロなるイタリア人デザイナーが登場する。ミケロッティを意識したものであることは容易に想像できる。

そうした各社との仕事の傍らでミケロッティは、自身の名を冠した意欲的なコンセプトカーも約30〜40台をデザイン、モーターショーで発表し続けた。しかし1980年1月、60歳を前に治療困難な癌(がん)のためこの世を去った。

今回のトリノ自動車博物館(MAUTO)の展示は、実車14台と100点以上にわたるスケッチを収集・展示したものである。

スケッチや写真資料の大半は子息エドガルド所蔵によるもので、1964年9月に日野自動車工場を訪れ、コンテッサの生産ラインを視察している写真も公開された。

また、日野自動車からもテンペラによるコンテッサ1300の肉筆スケッチ2点が貸し出された。

フリー・デザイナーの先駆者G.ミケロッティ、日野やプリンスも
ジョヴァンニ・ミケロッティ《日野コンテッサ1300クーペ》、1961年、キャンソン紙にテンペラ、日野自動車蔵

MAUTOのマリエッラ・メンゴッツィ館長によると、企画を知った欧米各国のミケロッティ車オーナーたちからは「ぜひ私の車を」と提供の申し出が相次いだという。

NEXT PAGE購入者が夢見る生活を表現、永遠のフリーハンド

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら