花のない花屋
連載をフォローする

学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
シュウふみさん 50歳 女性
教員
香港在住

    ◇

ロンドンと香港で日本語教師として働いてきました。今は総合大学で社会人向けに日本語を教えるクラスを担当しています。教師としてのキャリアも20年目の節目を迎えた今年の秋、私の授業が認められ、勤め先の大学から賞をいただきました。受賞を知ったとき、一番に頭に浮かんだのは故郷、四国の両親でした。

子供の頃から両親ともに教育熱心でした。父は私や弟が小学生の頃、睡眠学習で英語を学んだらどうかと、「睡眠学習器」が入った枕を買ってきてくれたことを覚えています。また母は、私たちが小さい時から仕事や家事、子育てなどに追われ、座ってゆっくりお茶を飲んでいるところを見たことがないほど。それでも夏休みには忙しさの合間をぬって、私の読書感想文や自由研究の発表の練習にじっくりつきあってくれました。

そして、京都の大学に進学したいと言ったとき、大学時代にオーストラリアに短期留学したいと言ったとき、それからイギリスの大学院に進学したいと言ったときも、2人はいつも私の意志を尊重し、応援してくれました。

当時も感謝していましたが、大人になった今、そのころの両親の、子どもを海外に送り出す気持ちや負担を想像すると、感謝という言葉ではとうてい足りない気がしています。また私自身が教師という仕事に就いてからは、学ぶということは人生における貴重な知識を得られるだけでなく、人生のさまざまなチャンスを与えてくれるとますます感じるようになりました。

現在は大学院で得た知識と現場での経験が、日本語教師としての私を力強く支えてくれています。20代から70代まで幅広い年齢層の社会人学生に日本語を教える中級・上級クラスを担当して、毎日学生との楽しい時間を過ごしています。小さい頃、父と母が大切に育んでくれた好奇心や想像力が授業の幅を広くしてくれていると感じています。

私は2019年の終わりに国際結婚しましたが、コロナや仕事のために80代と70代になった父と母がいる四国には2年ほど帰ることができていません。結婚式やパーティーで自分の思いを伝えたかったのですが、それらもキャンセルになり、実現できていません。

今回大学から賞をいただいたのを機に、2人に「私に自分が望む教育を与えてくれて、本当にありがとう」と、お花とともに伝えられたらと思っています。

学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは
≪花材≫クリスマスローズ、グリーンベル、アストランチア、ユウギリソウ、バーゼリア、ヤマシダ、ナズナ、ヒバ

花束をつくった東さんのコメント

自然の中で働くのが大好きなお父様と、季節感をとても大事にするお母様……いただいた投稿にご両親についてのそんな追加情報がありました。七夕飾りや小正月の餅花など季節の行事を家族で楽しみ、旬の山菜が食卓に上ることも多い、そんなご家庭だったそうです。

そこで、ご両親が愛する自然や山をイメージして、野草を中心に旬の植物を集めたグリーンのアレンジに仕上げました。名付けて「山の植物のアレンジ」。アストランチアなど小ぶりのお花を多く使い、それを重ねることでさらに山の雰囲気に。グリーンはヤマシダやヒバを使っています。

投稿者様からご両親へのお礼の気持ちを伝えるのと同時に、海外に暮らす投稿者様にも、ふるさとの景色を思い起こしていただけるとうれしいですね。

学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは
学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは
学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは
学びは人生のチャンス。キャリアの節目に思うのは

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら