料理家・冷水希三子の何食べたい?
連載をフォローする

疲れた胃に優しい味わい。シジミとセロリの煮麺

料理家・冷水希三子(ひやみず・きみこ)さんが読者と私たち編集部のリクエストに応えて料理を作ってくださるという夢の連載。今回は、おいしいものをたくさん食べた年末年始の後、ちょっと疲れた胃にうれしい料理をご紹介します。

―― 冷水先生、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

冷水 こちらこそ。楽しい年末年始を過ごされましたか?

―― お察しの通り、食べて飲んで、また食べて、そして寝て……の繰り返しでした(笑)。

冷水 それを幸せと呼ばずして、なんと呼びましょう?

―― いやはや、とっても幸せだったのですが、やっぱり少し胃が疲れちゃってますね。あとは張り切ってたくさんお料理を作ったので、台所に立つのが少しおっくうです……。

冷水 そうですね、少しゆっくりとしたいものです。

―― お察しの通り、新年1発目の今回は、「疲れた胃を癒やす料理」のリクエストがとても多いです。

冷水 お察しします(笑)。

―― できればあまり大変じゃない、さっと作れるメニューだとありがたいのですが……。

疲れた胃に優しい味わい。シジミとセロリの煮麺
シジミは砂抜きをしてから使います。砂抜きした後に、貝同士をこすり合わせて、よく洗うことも忘れずに

冷水 はい、それに関しても察しております。

―― 恐縮です……。

冷水 では、さっと作れて、体が温まる、二日酔い気味の方は水分もとれる煮麺(にゅうめん)はいかがでしょうか?

―― 煮麺……、いいですねぇ。ラーメンは塩分が強すぎてちょっと食べる気になれないですが、煮麺ならツルッといけそうです。あと、夏に買い込んだ素麺(そうめん)が残っているので、ありがたい(笑)。

冷水 有効活用しましょうね。

―― 今回の具材は……、あ、シジミ! 二日酔いにはシジミがいいってお酒好きの父がよく言ってました。

冷水 効能については断言できませんが、シジミはいい出汁(だし)が出るので、調味料をたくさん使わなくてもおいしいスープを作れるんです。

―― やさしいスープになりそうですね。

冷水 じゃあまずはシジミの砂抜きをしましょう。海の水より少し薄めの塩水につけておきます。バットの中に網を置き、そこに重ならないようにシジミを入れます。シジミがひたひたになるくらいまで塩水を入れて3時間ほどおいておきます。

―― シジミの下に網をかませておくんですね。

疲れた胃に優しい味わい。シジミとセロリの煮麺
アクが出るので、セロリの軸を加える前に丁寧に取り除きます。セロリの軸はこんな感じで、薄い斜め切りにすると火が通りやすく、食べやすいです

冷水 そうすると、シジミが吐き出した砂をまた吸わないんです。砂抜きをしている間に、ほかの材料の準備をしましょう。といっても、セロリだけなんですけどね。

―― 煮麺にセロリ! 初めてかもしれません。

冷水 セロリの爽やかな風味が加わると、二日酔いもすっきりしますし、食欲も出てきますよ。軸の部分は薄くスライス、葉はみじん切りにしておきます。

―― セロリの葉、すごくいい香りです〜。

冷水 次にスープの準備です。今日は出汁に昆布を使うので、鍋に水と酒、昆布を入れて、そのまま2〜3時間おいておきます。

―― 砂抜きと同時進行でやると、ちょうどよさそうですね。

冷水 砂抜きと昆布出汁の準備が整ったら、昆布を入れておいたお鍋にシジミを加えて火にかけます。昆布は、沸騰する直前に取り出します。

疲れた胃に優しい味わい。シジミとセロリの煮麺
素麺は表示通りに茹(ゆ)でます。今回は細麺を使用しましたが、お好みで

―― わあ、結構アクが出ますね。

冷水 はい、アクを丁寧に取り除いたら、セロリの軸とナンプラー、みりんを入れて2分ほど煮ます。その後、味見をして塩で味を調えます。

―― 旨味たっぷりのシジミの出汁が出ているので、そこまで塩は欲しいと思いませんね。少しで十分。

冷水 シジミにも塩分がありますからね。塩辛くならないよう、少しずつ塩を加えて調節してくださいね。あとは素麺を茹(ゆ)でるだけです。

―― 今日は細い素麺ですね。私は少し太めが好きなのですが、そこは好みでいいでしょうか?

冷水 はい、もちろんです。素麺が茹で上がったら器に入れて、セロリの葉をのせます。そこに熱々のスープを注げば完成です。

―― わ〜、セロリの葉が入ると、爽やかな香りがいっそう際立ちました。

冷水 湯気と一緒に香りが立ってきましたね。好みでごま油を加えてもおいしいですよ。さあ、召し上がれ。

―― じゃあ、まずはスープから……。

冷水 シジミのスープ、いかがですか?

―― ……し、沁(し)みます……。二日酔いじゃないけど、体中に沁み入る感じです。

冷水 それはよかった!

疲れた胃に優しい味わい。シジミとセロリの煮麺
最後に熱々のスープを加えて完成

―― 普段は太麺が好みですが、この煮麺は細麺の方が合うかもしれません。ツルツルと軽い食べ心地で、胃が疲れているときも抵抗なく食べられそう。

冷水 ここにレモンを搾っても、またおいしいですよ。

―― 味変ですね! どれどれ……。おお、ベトナムのフォーのような感じで、一気に異国感が漂ってきました。これはおもしろい!

冷水 お好みでアレンジして食べるのも楽しいものです。

―― 私はセロリの葉を追加しちゃいます。

冷水 追いセロリですね(笑)。

―― 昆布とシジミでこんなに優しくて奥行きのあるスープができるなんて、本当に驚きました。冷蔵庫にシジミを常備しておきます!

冷水 食べ過ぎ、飲み過ぎには注意してくださいね。

―― はい!

冷水 2022年も、よろしくお願いします!

シジミとセロリの煮麺

材料(2人分)

  • シジミ
    350g
  • セロリ
    軸5㎝分、葉2~3枚
  • ナンプラー
    大さじ1/2
  • みりん
    小さじ1
  • 適量
  • 素麺
    2束

A

  • 600ml
  • 大さじ1
  • 昆布
    10cm角1枚
  • シジミは海水より薄めの塩水に約3時間つけて砂抜きをし、殻をこすり洗いしておく。Aの材料を鍋に入れ、2~3時間おいておく。セロリの軸は薄くスライス、葉はみじん切りにする。
  • Aの鍋にシジミを加えて火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出し、アクをとる。セロリの軸とナンプラー、みりんを入れて2分ほど煮てから、塩で味を調える。
  • 素麺を表示通りに茹でて器に入れ、セロリの葉をのせる。熱々の2.を注ぐ。 好みでごま油をかける。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら