キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

高い悪路走破性と快適な居住空間「EXPEDITION EAGLE」

ワイルドな外観。ヘビーデューティな性格付けが一目でわかるルックスだ/画像はすべて日本特種ボディー提供

キャンピングカーのジャンルに「エクスペディションビークル」と呼ばれるものがあります。エクスペディションは「冒険・探検」という意味。砂漠や積雪路、泥濘(でいねい)地など、悪路に対して高い走破性能をもったキャンピングカーのことをいいます。日本特種ボディー(以下NTB)が、「日本初」の量産型エクスペディションビークル「EXPEDITION EAGLE」を発表しました。

災害復興支援団体との共同開発

ユニークなのは、開発に至るまでのストーリーです。災害復興支援団体「日本笑顔プロジェクト」(一般財団法人)との共同開発だというのです。

「日本笑顔プロジェクト」のメンバーは、救援活動の際に「ボランティアスタッフが十分に休憩を取れる場所がない」という苦労を経験していました。一方で、NTBは「日本笑顔プロジェクト」の支援企業でした。NTBがボランティアの方々から現場からの要望をヒアリングして、「日本笑顔プロジェクト」とともにつくり上げたのが「EXPEDITION EAGLE」なのです。

高い悪路走破性と快適な居住空間「EXPEDITION EAGLE」
架装部の後端が斜めにカットされているところも、欧米の「エクスペディションビークル」の定石通り

走破性能を高めるために様々な工夫

ベース車はNTBの商品ではおなじみの「いすゞ・Be-cam」を採用しています。走破性能向上のため様々な工夫が盛り込まれています。

通常キャブコンでは運転席助手席部分と居室部分は一体ですが「EXPEDITION EAGLE」はあえて分けています。そうすることで車体のねじれ範囲が大きくなり、路面追従性が向上する効果があるのです。

居室部分の後ろ端は斜めにカットされ、急坂にアプローチする際、こすらないようになっています。さらに、サスペンションセッティングを変更すれば、最低地上高は200mmを確保。発表時の車両はベース車の手配の関係で2WDでしたが、4WDも用意される予定です。

高い悪路走破性と快適な居住空間「EXPEDITION EAGLE」
スペアタイヤやエアコン室外機(オプション)は高い位置に。これもCCV(クロスカントリービークル=本格的オフロード車)ならではの配慮といえる

レイアウトは、スペース効率に優れたリアエントランスを採用。そのエントランスから、車体後部右側のマルチルーム内までが防水仕様になっており、土足で入れるように。後部左側は88L冷蔵庫や電子レンジを備えたキッチンになっています。居室前方は二の字ダイネットに電動式プルダウンベッドを備え、就寝定員は4人を確保しました。

前述のとおり、運転席助手席と一体型ボディーではないのに加え、全幅も山道などでの走行を考慮し1990mmに抑えたため、居住空間は小さめ。しかし、吊り戸棚をなくし、頭上の圧迫感をなくすなど、くつろげる快適な居住空間を実現しています。吊り戸棚をなくすことは、低重心化の効果もあります。

NEXT PAGE悪路が想定される被災地での活動を念頭に開発

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら