小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

鮮烈にカッコいい二輪 免許制度のはざまで揺れたドリームCB400 FOUR

前輪油圧ディスクブレーキ採用

今回は久しぶりに“クラシックス”の話題です。歴代のホンダバイクのなかで、個人的にもっともカッコいいと思っているのが「ホンダドリームCB400 FOUR」だ。1974年に発売された頃は、「4イントゥ1」と言われた4気筒4本出しの排気管が、有機的なカーブを描いて、最後1本のマフラーにまとめられる姿が、じつに美しかった。鮮烈な印象だ。

4気筒SOHC空冷エンジンは、観た目にもコンパクトで、真横からみるととくにきれいなシルエットの燃料タンクとのバランスもよい。よけいなタンクデカールなどもなくて、真っ赤とか真っ黄色のタンクとバッテリーケースカバーの配色が、視覚的なインパクトもあり、二輪車のかっこよさを強く感じさせてくれる。

バイクの美の”見せ場”がわかっているデザイン
バイクの美の”見せ場”がわかっているデザイン

CB400 FOURは、ただし、ピュアなスポーツバイクではない。ホイールベースは1355ミリとややコンパクトであるものの、変速機は当時としてはまだめずらしい6段で、ホンダの言葉を借りると「ロングツーリング車」という位置づけ。高速走行も重要な“仕事”だったのだ。

橫からみるとエンジンの存在感も適度でタンクとのバランスがよい
橫からみるとエンジンの存在感も適度でタンクとのバランスがよい

ロングツーリングを想定したような装備は多い。比較的容量の大きな燃料タンク(14リッター)や、クッションの厚いシート、「自動車並みの照度をもつ」とうたわれたヘッドランプ、それに「安全な走行を助ける大型バックミラー」などがそなわっていた。 いっぽう、市街地で暮らすバイク好きからは、低めの位置のハンドルバーや、4本出しマフラーなどスタイリッシュさが評価された。ホンダ流のカフェレーサー(レーシングバイクを彷彿させるスタイルの街乗りバイク)としてももてはやされた。

当時は32万7000円で販売された
当時は32万7000円で販売された

このモデルがバイク史に残っているのは、当初408ccの排気量で登場したものの、75年の国内免許制度改定により、250ccを超え400cc以下の「中型限定」という新しい自動二輪免許では乗れなくなったためだ。そうなると、市場が小さくなってしまうと考えたホンダでは急遽、76年に排気量を398ccにした仕様も発売した。

76年に登場した「Ⅰ型」は低めのハンドル位置などスポーティ
76年に登場した「Ⅰ型」は低めのハンドル位置などスポーティ
76年の「Ⅱ型」はアップハンドルでツーリング向き
76年の「Ⅱ型」はアップハンドルでツーリング向き

このとき、スポーツ走行向きとされた「CB400 FOUR-Ⅰ」と、ハンドルバーの形状を変えてよりロングツーリングや市街地走行で使いやすいとされた「CB400  FOUR-Ⅱ」の2モデル体制になった。それでも77年には早々と生産中止。

当時は、免許制度のはざまに落ちこみ、葬られた悲劇のバイク、のようにとらえられた記憶がある。いっぽう、免許制度が新しくなってからは、大型も運転できる免許をもって、初期の408cc仕様に乗っていられるのを誇らしげに、みせびらかす人もいた(私の友人)。

この魅力的なバイクが廃止された理由は、コストカットというメーカーの事情によるところが大きいとも言われる。このあと登場した、「CB400T HAWK-II」は2気筒だったし、ワイヤースポークでもないしキャストスポークでもない独自のコムスターホイール装着。これも(軽量化とかメリットはあるのだけれど)コストダウンを意識させたし、いまひとつカッコよくなかった。

前輪油圧ディスクブレーキ採用
前輪油圧ディスクブレーキ採用

二輪って、カッコいいかどうかが、もっとも重要なポイントだと私は個人的に思っている。クルマでいうと、2シーターオープンとかスポーツクーペとかに匹敵する存在であってほしい。当時、ドリームCB 400 FOURとHAWK-Ⅱを較べて、つくづくそう思ったものだ。いまも変わらないけれど。

写真=Honda提供

【スペックス】

車名 Honda Dream CB400 Four
全長×全幅×全高 2050x705x1040mm
408cc直列4気筒 後輪駆動
最高出力 37ps@8500rpm
最大トルク 3.2kgm@7500rpm

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら