キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

キャンピングカーのベース車として魅力的に進化  ダイハツ「ハイゼット カーゴ」 

スクエアな外観の新型「ハイゼット カーゴ」 画像はすべてダイハツ工業提供

ダイハツの軽商用バン「ハイゼット カーゴ」が17年ぶりにフルモデルチェンジして、軽キャブオーバーバンのジャンルで最大級の荷室長×幅×高さに躍り出ました。これまで荷室が小さいために、あまりキャンピングカーベースに採用されてこなかった「ハイゼット カーゴ」ですが、今回のモデルチェンジで魅力的に進化し、ベース車をめぐる情勢に変化が起きそうです。

広くなった室内、自動車としてはどう変わる?

「ハイゼット カーゴ」は、ライバルであるスズキの「エブリイ」よりも室内寸法が大きくなりました。室内寸法の比較を筆者がカタログのデータを元に表にまとめてみました。

キャンピングカーのベース車として魅力的に進化  ダイハツ「ハイゼット カーゴ」 

注目すべきはその形状です。側面上部の傾きやバックドアをより垂直に近づけたことで、室内の容積にもゆとりが生まれました。さらに、室内側面や床面も極力フラットに整えられているため、空間をより有効に使うことができます。軽キャンピングカーの場合、快適な空間を得るために各ビルダーともミリ単位での架装設計をしています。この広さは魅力的といえるでしょう。

キャンピングカーのベース車として魅力的に進化  ダイハツ「ハイゼット カーゴ」 
「ハイゼット カーゴ」の特徴は荷室の広さ

室内空間の広さは確かに大きなポイントですが、駆動系や走行制御など「自動車」としてどう変わるかも気になるところです。車のスペック部分のモデルチェンジは「ハイゼット カーゴ」「ハイゼット トラック」や「ハイゼット カーゴ」の兄弟車である「アトレー」にも共通します。

CVT(無段変速トランスミッション)と衝突回避支援ブレーキなどのスマートアシストを標準装備。オプションとして、キーフリーシステム&プッシュボタンスタートや大型ディスプレイオーディオ などが用意されています。

この中で最も注目すべきは、新開発のCVTです。エンジンの回転数に合わせてミッションが変化する際、各回転レベルごとにもっとも効果的に移行できます。エンジンのパワーを無駄なく使えるしくみと言えるでしょう。CVTはあまり大きな排気量には適さないので、軽自動車に採用するのも合理的です。その結果、走行性能や燃費さらには静粛性に寄与するはずです。

軽キャブコンベースとして人気の「ハイゼット トラック」にとって、このCVTの搭載は大きな意味があると思います。旧型は4速ATでしたが、ターボの設定がなく非力であることが弱点でした。効率の良いCVTが搭載されれば、走行性能や燃費の向上が見込まれます。

NEXT PAGE「アトレー」が5ナンバーから4ナンバーに

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら