永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(145) キツネの面、粋にかぶったこの人は 永瀬正敏が撮った京都

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回は京都の祇園祭で撮った一枚。人の流れに身を任せ、ふと顔を上げた永瀬さんの目に入ったのは……。

(145) キツネの面、粋にかぶったこの人は 永瀬正敏が撮った京都
©Masatoshi Nagase

目に飛び込んできたのはキツネのお面。
人の流れに身を委ねながら歩いていた京都の街。
祇園祭に沸くこの日は歩行者天国だった。

一度は訪れてみたい祭りの一つだったので、
僕は何日も通い、写真を撮り続けた。
途中、すごい機材をいくつも持つ、
アマチュアカメラマンの先輩たちと仲良くなり、
いろんな撮影スポットや、タイミングを教えていただいた。
なので、あの年の祇園祭の写真は大量にある。

流れに身を任せて歩いていた僕がふっと顔を上げると、
目の前にキツネのお面があった。
きちんと浴衣を着て、下駄を履き、
お面を頭の後ろに付けた粋な人は海外の方だった。

もちろん京都には世界中からたくさんの観光客の方がいらっしゃる。
でも僕は、海外の方が身なりからすべてこの祭りに合わせて楽しんでいる姿が、
なんだかうれしかった。

海外でアニメや音楽、小説、絵画といった日本のカルチャーと遭遇した時も、
思わずうれしくなり、それらを生み出した方々に感謝し、誇りに思う。

祇園祭の歩行者天国を粋に歩く外国の方……。
シャッターを切らない選択肢は、
僕の中で皆無だった。

REACTION

LIKE
COMMENT
3
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら