いしわたり淳治のWORD HUNT
連載をフォローする

帰省もままならない今、心に染みる『望郷じょんから』の一節

音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で披露するロジカルな歌詞解説が話題の作詞家いしわたり淳治。この連載ではいしわたりが、歌詞、本、テレビ番組、映画、広告コピーなどから気になるフレーズを毎月ピックアップし、論評していく。今月は次の6本。

 1 “帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中”(細川たかし『望郷じょんから』/作詞:里村龍一)
 2 “野球って観ててつまんないやろ?”(新庄剛志)
 3 “お金持ちになりたいとか思っちゃダメ”(所ジョージ)
 4 “羽ばたいてるね”(「egg流行語大賞2021」第3位)
 5 “「すいません」を「ありがとう」に”(POISON GIRL BAND 吉田大吾)
 6 “裏技”(高橋名人)

日々の雑感をつづった末尾のコラムも楽しんでほしい。

帰省もままならない今、心に染みる『望郷じょんから』の一節

私が幼い頃は自分の父親も含めて周りの大人たちは皆、大声で演歌を陽気に口ずさんで暮らしていた。当時の私には演歌の良さはまだ良く分からなかったけれど、酒やタバコなんかと同じように、大人になれば当然好きになっていくものなのだろうと思っていた。

44歳になった今、自分が演歌を一日中ご機嫌で口ずさんで暮らしているかというと、そんなことはない。でも、刷り込みというのはすごいもので、あの頃の演歌のヒット曲は大体頭に入っていて、歌おうと思えば今でも結構正確に口ずさむことが出来る。

2021年末、細川たかしさんが、しばらく辞退していた紅白歌合戦に復帰して、『望郷じょんから』を歌唱した。青森県の津軽地方が舞台であるこの歌は、青森県出身の私にとってはご当地ソングという訳じゃないけれど馴染(なじ)み深いものがある。

大人になって演歌の良さが分かるようになったとはまだまだ言い切れないけれど、ただ単に音として聴いていただけの子供の頃とは明らかに違って、今は“味わう”感覚で演歌を聴いている。演歌は古臭いものみたいにも思わないし、素直に音楽として格好いいと思って聴いている。

ここ数年、コロナ禍で帰省もままならなかった。『望郷じょんから』のサビの一節、「帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中」は、あらためて心に染みるものがあるなと思った。

帰省もままならない今、心に染みる『望郷じょんから』の一節

12月9日放送のフジテレビ『アウト×デラックスSP』でのこと。北海道日本ハムファイターズの監督に就任した新庄剛志さんが、「野球って観ててつまんないやろ?」「試合中長くない?」とプロ野球に対して否定的なコメントを連発していた。

でも、それが野球に対して誰よりも愛があるからであることが伝わってくる、むしろこちらをワクワクさせるような言い方だった。自分が監督を任された理由を理解している人の言葉だなと思った。

私は2009年に北海道日本ハムファイターズ公式応援歌を作詞させて頂いたことがあって、以来北海道日本ハムファイターズを応援している。学生時代は野球部に入っていたし、今でも野球は好きで、プロ野球人気の低迷は個人的に寂しく思っている。

プロ野球の人気低迷の理由は、一つに野球を好きな人たちがあまりにも野球を好きすぎるというのがあると思う。恋愛でもそうだが、好きすぎると相手のダメなところに気付けなくなってしまうものだ。

新庄監督はそんな状況を誰より熱い思いを胸に誰より冷めた目で見ているのだ。何をどうしなければいけないかを常に考えている。楽しみで仕方がない。

帰省もままならない今、心に染みる『望郷じょんから』の一節

1月4日放送のBSテレ東『〒あて先は所さん!』でのこと。視聴者からの「どうしたらお金持ちになれますか?」の質問に対しての所さんの答えが素敵だった。

「お金持ちになりたいとか思っちゃダメなの。そうすると企(たくら)んだり、嘘(うそ)をついたりして、余計なことをすることになっちゃうから。目の前のことを一生懸命やってると色んなことが整ってくるから。自然に。お金も後から付いてくるから」

「人間だけよ、地球を良くしましょうなんて言ってるのは。生き物はみんなそんなこと考えてないんだから。ミツバチさんが蜜をとって来ますよね、あれは自分の子孫を増やすためにとってくるわけ。でも、蜜をとると、受粉するからそこに実が生(な)るよね、それを小動物が食べにくるよね、すると、フクロウとか色んな動物がまた集まって来る。それで自然が整ってくわけ。ミツバチさんは自然を整えるために蜜をとっているわけじゃないんだよ。自分が目の前で出来ることを一生懸命にやっているから、自然が整うんだよ。スイカなんかもそうだよ」

「スイカの季節が来ると切ったものを買って来て食べるでしょ。その方が余らないし、それが地球にやさしいなんて言ってさ。いいんだよ、余ったっていいから、丸ごと買って来いって。重たいよ。運ぶのも面倒くさいよ。でも、そういうこともやるの。そうすると、“ありがたみ”が出るから。スイカに。で、スイカを切る、夏の音がする、良い匂いがする。で、半分冷蔵庫に入れるのに入んないじゃん。そうすると、冷蔵庫を片づけ出すでしょ。だから、スイカを丸ごと買ってくることによって、冷蔵庫が整うってことなんだよ」

自然体とはよく言うけれど、どういう行動が人間にとって自然なことなのか、どんどん分からなくなって行く昨今。この言葉の中には「自然体」で暮らすためのヒントが隠れている気がする。

NEXT PAGEポジティブ&素直に変換された、ギャルの流行語

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら