宇賀なつみ わたしには旅をさせよ
連載をフォローする

無我夢中になったニセコ 宇賀なつみがつづる旅(29)

フリーアナウンサーの宇賀なつみさんは、じつは旅が大好き。見知らぬ街に身を置いて、移ろう心をありのままにつづる連載「わたしには旅をさせよ」をお届けします。宇賀さんが2021年、「最初で最後の昼寝」をした場所は……。

「本気で遊ぶ ニセコ」

ゲレンデが好きだ。

スキーが趣味だった父親に連れられ、
小学生の頃は、毎年年末に岩手県の安比(あっぴ)高原を訪れていた。

あまり上達はしなかったけれど、
雪景色の中にいられるだけで楽しかったし、
晴れた日のまぶしい光の中で、
青い空と白い雪の間を抜けて、
風を切って進む感覚が好きだった。

高校の卒業旅行で初めてスノーボードに挑戦し、
大学時代は年に3~4回、
大きなボードを背負って夜行バスに乗り、
朝から晩までゲレンデで過ごした。

社会人になってからは、
数年に1度行く程度になってしまったが、
コロナの影響で、海外に行けなくなったことで、
密にならないゲレンデに、再び通うようになった。

2021年の年末には、
北海道ニセコで滑った。

新千歳空港からバスで3時間半。
降り積もった雪は、いつまでも眺めていられる。

ニセコは3度目。
最初はちょうど9年前で、
まさに今、北京冬季五輪で活躍が期待される、
スノーボード平野歩夢選手の取材のためだった。

ハーフパイプの会場はコースの途中にあるので、
報道陣も皆板をレンタルし、
機材を背負いながら滑って、現場に向かう。

あの頃は、ゲレンデはいつも混み合っていて、
街も夜遅くまでにぎわっている印象があったが、
現在は外国人観光客もほとんど見当たらず、
ほどよく静かで人が少なかった。

初日はおいしい食事をゆっくり味わって、温泉につかり、
早めにベッドに入った。
降り積もる雪にワクワクしてしまう。

翌日は、スノーボードが好きでニセコに移住した人に、
ゲレンデを案内してもらうことになっていた。
いい雪が積もりますように。

まだ薄暗い時間に起きて、何枚も重ね着をする。
これからマイナス10度の世界に挑むのだから、
入念な準備が必要。

こんな時間も久しぶりで、またワクワクする。
遊びのための早起きは、全然つらくないのだ。

9時から動き出すゴンドラに、30分前から並ぶ。
この時間に並んでいるのは、地元住民ばかりで、
そこかしこであいさつが交わされている。

ようやく動き出したゴンドラに乗って20分。
頂上は周りがよく見えないくらいふぶいていた。

最初の1本は、いつも緊張する。

滑り方を忘れていないだろうか……
けがをしないように気をつけなければ……

でも、いざ滑り始めると、
そんな不安は一瞬にして消えてしまう。

まだ誰も滑っていないコースは、
一晩降り積もった雪に覆われ、
柔らかく滑らかで、浮いているような感覚になる。

驚くほど恐怖を感じない。
カーブをするたびに雪しぶきが舞い、その中を突っ切っていく。

あまりうまくないのに、
すごくうまくなったような気分になる。

山の天気は変わりやすく、
途中から光が差してきたと思うと、
一気に青空が広がっていた。

無我夢中になったニセコ 宇賀なつみがつづる旅(29)

無我夢中で滑り続け、ゴンドラ乗り場まで戻ってきた。
息は切れていたけど、心が弾んでるので気にならない。
こんな高揚感はいつ以来だろう。

2度目のコースは、すでにたくさんの人が滑った跡があり、
1度目とは雪質がかなり変わっていた。
だから皆、朝から並ぶんだ。

2本滑った時点で、1時間以上経っていた。
ニセコの山は大きいので、
まっすぐ滑り降りてきても、それなりの時間がかかる。

休憩をしようと食堂に入ると、
身体中に雪がこびり付いて、凍っていた。
そんなことにも気付かず、夢中になっていたことがうれしい。

お昼過ぎには引きあげて、そば屋に入った。
カレー南蛮が身体中に染み渡る。
いい汗をかいた後の食事はこんなにおいしいのか……
普段いかに運動不足なのかを思い知る。

宿に戻るとすぐに、
重たいウェアやシューズを脱いで、温泉につかった。
自然と、言葉にならない声が出る。

極寒の雪山から、源泉掛け流し温泉。
寒さ熱さの極端な差はあまり体に良くないだろうけど、
遠くまでやってきたことを実感できる。

無我夢中になったニセコ 宇賀なつみがつづる旅(29)

そのまま、心地よい疲労感で眠ってしまった。
2021年、最初で最後の昼寝だった。

本気で遊ぶと、どっと疲れる。
そんなことを、久しぶりに思い出した。

自由に旅ができなくなって、2年経った。
当初はもどかしくて仕方なかったのだが、
最近はすっかり落ち着いて、
可能な時に、可能な範囲で、
国内を巡ろうと思えるようになった。

大人だって、たまには本気で遊ばないと。

しばらく続いた筋肉痛も、
精いっぱい楽しんだ証しだと思うと、いとおしかった。

REACTION

LIKE
COMMENT
6
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら