国境なき衣食住
連載をフォローする

寝る前に見るお笑い動画が明日の活力に 紛争地での通信事情 

2011年のパキスタン派遣時、宿舎内での腕相撲大会。前列右が白川さん© MSF 

ボードゲーム、ダーツ、腕相撲。みんなで盛り上がった夜

しかし、私はふと、過去のWi-Fiがなかった時代の宿舎生活を思い出した。2010年、初回派遣のスリランカの宿舎にはやはりガーデンがあり、みんなで集まれるテーブルやいすがあった。夕飯を済ませ就寝までの時間を毎晩のように星空の下、ガーデンに集まって話に花を咲かせたものだ。明かりのともる宿舎には、マングースなど珍しい動物や見たことないような虫が集まってきて、みんなで観察をしたり、餌付けを試みたりなどしていた。

もちろん、1人になりたい日はそのように過ごしていたが、滞在した8カ月の間にはメンバーの入れ替わりも繰り返され、そのたびに新たな交流が星空の下で増えていった。2011年、2回目の派遣となったパキスタンで夜盛り上がっていたのは、ボードゲームやダーツ、腕相撲大会だ。

寝る前に見るお笑い動画が明日の活力に 紛争地での通信事情 
2015年、イエメン派遣時のリビングルーム。ギターやピアノの演奏付きでみんなで歌って楽しんだ© MSF

2015年、派遣先のイエメン北部ではギターやキーボードで誰かが演奏しながらみんなで歌を歌い、またみんなで一発芸の披露なども行いながら笑いが絶えないチームだった。私はこの時、ヨガのヘッドスタンドをやってのけ、口笛と拍手に包まれた。この派遣では女子同士で一つの部屋に集まり、恋やらゴシップの話に花を咲かせた夜もあり、涙しながら人生相談を行った夜もあった。

かつて貴重だった10分間の無料国際電話

かつて国境なき医師団(MSF)では、海外派遣スタッフに対し活動現地に到着した際と、現地を去る際に、ある特別なサービスを与えていた。それは母国で待つ家族に対する「10分間無料の国際通話」だった。

「無事に到着しました、これから○ケ月頑張ります」「無事に任務を終えました、これから帰国します」

このような家族への報告を、現地のオフィスの固定電話を借りて行っていたのだ。当然私も使用させてもらっていた。活動地にWi-Fiがなかった頃の話である。その当時の海外派遣スタッフは、いったん現地に赴いたら、家族への連絡はそう簡単にはできないことをごく当たり前に認識しており、MSFが費用を負担するこの国際電話は、大変貴重でありがたい措置だった。

なかには、「10分の無料電話を半分の5分にするから任期中に4回かけたい」と訴えるスタッフもいた。私の初回派遣地のスリランカでは、Wi-Fiどころかシャワーのお湯すらなかったが、このような環境は想像通りであり、私は特に問題なく受け入れていた。

派遣先での通信事情を振り返ってみると……

私の派遣の歴史の中での通信事情を振り返ると、2012年、私の3回目の派遣であるイエメンでやっと宿舎内にWi-Fiが登場した。それはUSBで接続して送受信するタイプのルーターで、チームリーダーが普段仕事用で使用するものだった。

仕事が終わるとそれを宿舎に持ち帰ってくれていたので、それをみんなでシェアしていた。Wi-Fi自体がつながりにくいという不便さと、10人近いチームの中での順番待ちにも気持ちがなえ、私はあまり使うことはなかった。

2013年、私の5回目のMSF派遣となるシリアで、今度こそ自由に使えるWi-Fiが登場した。シリアには前年の2012年にも来ていたが、その時にはWi-Fiは設置されておらず、その後、内戦がさらに激化している最中にWi-Fiが使えるようになっていたことに驚いた。

このシリア派遣以降、だいたいどの活動地に行ってもWi-Fiが使える環境になっていた。画期的な変化といえるだろう。これには、紛争地からのLINEメッセージを不意に受け取る家族もびっくりしていた。

NEXT PAGEお笑い動画で心身ともにリセット

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら