キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

高い走行性能と快適な居住性 新型カムロードベースのキャブコン「ZiL」シリーズ

ZiLの外観。シェル形状、グラフィック含め基本的に前モデルを踏襲している 写真はすべて「VANTECH」提供

モデルチェンジした国産キャブコン・ベース車の代表格であるトヨタ・カムロードをベースとしたキャンピングカーが続々登場しています。まずは、VANTECH(バンテック)の「ZiL(ジル)」シリーズからお伝えしていきましょう。

ZiLシリーズは、同社製品の中でも中核を占めるモデル。これまで、ZiL、ZiL520、ZiL Noble、ZiL480 Skipの4モデルが販売されていましたが、今回のカムロードのモデルチェンジにともない、ZiL480 Skipは一旦製造を中止し、残りの3モデルでの展開となります。また、全モデルともガソリンエンジン車は採用されず、ディーゼルエンジン車の2WDと4WDが用意されています。

電動式「エントランスステップ」が標準装備

レイアウトは、リビングエリアが広々したZiL、リアの常設ダブルベッドが快適なZiL Noble、ファミリーユーザーにうれしい二段ベッド(リア)のZiL 520と、どのモデルも基本的に新型カムロードのリニューアル前のスタイルを踏襲しており、快適な居住性が確保されています。さらに、新しくブラッシュアップされたポイントについて見ていきましょう。「目に見えない細部にまでこだわってブラッシュアップした」という印象があります。

高い走行性能と快適な居住性 新型カムロードベースのキャブコン「ZiL」シリーズ
車種はZiL。ダイネットとソファで作る、広々としたリビングスペース

まずは、ルーフベントです。全天候型のMAXXFAN(ルーフベントカバー一体型)が標準装備されました。従来型のルーフベントファンはファンに可動式のカバーがついているだけだったため、雨天や降雪時には使えませんでした。改変後はルーフベントカバーが一体化したタイプにかわるため、悪天候でも降りこむ心配なく換気ができるようになります。

次は、エントランスステップです。従来オプション扱いだった電動式のエントランスステップが、すべて標準装備になります。エントランスドアと連動して、扉を開くとステップが降りて来るようになります。

NEXT PAGE乗り心地と走行安定性を両立させる工夫

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら