ほんやのほん
連載をフォローする

日常の何げない景色が……あら不思議、見方を変えると新たな発見が!

撮影/馬場磨貴

「聞けば、見えてくる。」は、とあるラジオ局の宣伝コピーですが、今回紹介する本は、それにならって評するならば「読めば、見えてくる。」、そんな2冊です。

『たのしい路上園芸観察』

たのしい路上園芸観察』は、著者の村田あやこさんが10年以上にわたり、観察し採集してきた「路上園芸」をまとめた1冊です。「路上園芸」とは、住民の手によって育てられている園芸や、コンクリートの隙間から自然に生えている緑のことを言います。びっくりするぐらいの大量の写真とコメント(そして文字がとても細かい!)で私たちの生活のすぐそばにある路上園芸をテーマ別に紹介し、楽しみ方を教えてくれます。

例えば、建物の外壁にツタが這(は)って偶然描いた模様に感動した経験がある方は多いのではないでしょうか? そのような現象を「植物壁画」と称し写真に撮影してコレクションしています。写真の切り取り方によって日本画のように見えたり、秋の季節には紅葉を楽しめたり、様々な見方に笑みがこぼれてしまいます。

また、空き缶や発泡スチロールのトロ箱を転用して植木鉢にしているものを「転職鉢」として、採集しています。軒先で植物を育てる住人の暮らしぶりを想像したり、人の手を離れてのびのびと生きる植物の逞(たくま)しさを感じたり。

自分のスマートフォンの写真フォルダーにも、思わず撮影してしまった植物の写真があります。それは、植木鉢が成長した根っこでパンパンになって底を突き破ってはみ出してしまっている植物です。本書によれば、「路上園芸・根っこはみだし部門」堂々1位のシェフレラという植物だそうです。今後、見つけたらきっと撮影しちゃうだろうと思いました。

『日常の絶景』

日常の絶景』。絶景とは、どこか遠い世界にある普通ではない景色をイメージすることが多いと思いますが、それと相反する「日常」という言葉が並んだ不思議なタイトルです。目の前の風景にハッと息をのんだ経験が誰にもあるように、自分なりの絶景を探す、見方のコツを教えてくれる1冊です。

著者の八馬さんは日常のなかの絶景の対象を三つに分類しています。Sサイズ(エアコンの室外機など身近にあるもの)、Mサイズ(避難階段など街に潜むもの)、XLサイズ(消波ブロックやダムなど自然の脅威に対抗するべく造られた私たちの日常を支えている、普段は見えないもの)です。

例えば、室外機を観察するにしても、飾られ方(並べ方)、量、地域性に着目することで見えてくるものがある。自分の身の回りにも室外機はたくさんあるし、視野にも入っていたはずだけれど、隣の家の室外機がどのように置かれているかなど思い出そうとしてもできないように、見ようとしていないものは見えていなかったことに気がつきます。そして、ひとたび見えてくると、なぜそのように置いているのかを想像したり、違うものに見立ててみたり、楽しみ方がたくさんあるということを知ります。

彼らの活動は、赤瀬川原平らが唱えた概念「超芸術トマソン」(無用の長物となった建造物を面白く、しかし真面目に捉えて1980年代にブームとなった)や路上観察学の活動、もっと遡(さかのぼ)れば関東大震災後の東京の街の様子や人々の生活の変化を子細なスケッチで採集・分析をした今和次郎(こん・わじろう)の考現学に源流を求めることができるでしょう。

SNSとカメラ付き携帯電話の普及で面白いものを撮影し、共有できるようになった現在、新しい街の見方をこの2冊を読んでより楽しむことができそうです。

日常の街に潜む絶景や路上園芸を観察する方法がインストールされた私は、毎日の通勤の時間が楽しい。ラジオの周波数のつまみを回すように、日常の解像度を少し変えて見てみると、見えていなかったものが浮かび上がってきます。

ガスメーターのリズミカルな配管や、近所のアパートの壁を伝うアイビーが気になり、いつの間にかスマートフォンのフォルダーには不思議な写真がたまっていっています。

日常の何げない景色が……あら不思議、見方を変えると新たな発見が!
#
PROFILE
嵯峨山瑛

さがやま・あきら
二子玉川 蔦屋家電 建築・インテリアコンシェルジュ
大学建築学科卒業後、大学院修了。専門は都市計画・まちづくり。 大学院在学中にベルギー・ドイツに留学し建築設計を学ぶ。 卒業後は、出版社やリノベーション事務所にて、編集・不動産・建築などの多岐の業務に関わる。

『日常の絶景 知っている街の、知らない見方』刊行記念トークイベントを開催

著者の八馬 智さん、写真家・ライターの大山 顕さんをお迎えし、トークイベントを開催します。「日常の絶景」とはなにか? 都市鑑賞者であるお二人が語ります。

⽇時 :2022年3⽉24⽇(木)20:00~21:30(開場:19:45)
場所 :二子玉川 蔦屋家電(東京都世⽥⾕区⽟川1-14-1 二子玉川ライズS.C. テラスマーケット)およびオンライン
参加費:イベント参加チケット:1,000円(税込)、イベント参加チケット+書籍:2,920円(税込)
詳細はこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら