海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

駅とホタテに込められた、地域住民と旅人の願い 岩手県・恋し浜駅

山と海に囲まれた恋し浜駅。一見すると、眺めのよいのどかな無人駅だ

三陸海岸にひときわロマンチックな名前を冠した駅がある。三陸鉄道リアス線の、恋し浜駅(岩手県大船渡市)。小さな無人駅だが、縁結びの験を担ぐ場として注目を集めているという。そして、高台のホームから澄んだ湾を見下ろす、海の見える駅でもある。名実ともにロマンチックなこの駅を訪ねてみたら、ご利益や眺望だけではない巡り合いがあった。(訪問:2016年2月)

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

眼下に集落と海 ジオラマのようにまとまった風景

岩手県大船渡市の盛(さかり)駅と久慈市の久慈駅を結ぶ、三陸鉄道リアス線。その全長は163kmと、第三セクターの鉄道路線では日本一の長さを誇る。恋し浜駅があるのは、南の終点である盛駅から3駅の場所だ。

午前9時、大船渡市街のホテルを出発。盛駅の隣にある陸前赤崎駅からリアス線に乗り込んだ。リアス式海岸のくねくねした海岸線とは裏腹に、列車の走りは軽快。トンネルで山を貫く区間が多く、急なカーブが少ないためだ。トンネルとトンネルの間からは、太平洋がときおり顔をのぞかせる。

10分ほど経ち、列車がトンネルの中でスピードを落とすと間もなく、恋し浜駅に到着。同時に右側の車窓が一気に開けた。

恋し浜駅があるのは、標高およそ41mの高台。ホームは両方からトンネルに挟まれ、まるで谷に架かる橋のようにも見えた。

駅のキャッチフレーズは「愛の磯辺」。この右側には、天使やバラなどの透かし彫りが施された「幸せの鐘」が置かれている
駅のキャッチフレーズは「愛の磯辺」。この右側には、天使やバラなどの透かし彫りが施された「幸せの鐘」が置かれている

降り立ってまず目に入るのは、山と山の間から顔を出す、青く澄んだ海。太平洋へとつながる越喜来(おきらい)湾だ。深く入り組んだ海岸線のため、海の向こうには水平線ではなく、対岸の稜線が見える。手前には、狭い谷間に点在する家々。海岸には漁港もある。

恋し浜駅のホームは、集落と港、越喜来湾と山々をひと目で見下ろせる展望台だ
恋し浜駅のホームは、集落と港、越喜来湾と山々を見下ろせる展望台だ

山に囲まれて小さくまとまった空間が、鳥瞰(ちょうかん)的に視野に収まる様子。そして自然と人工物のほどよいバランスもあって、景色がまるでジオラマのように映った。

NEXT PAGE駅名の由来、実は地元名産のホタテ

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら