ファッションニュース
連載をフォローする

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール

シャネル

2022年春夏パリ・オートクチュールコレクションが1月下旬に開かれた。ひと握りの富裕層に向けた超高級注文服だが、コロナ禍が続く中でシンプルな形に職人技を盛り込む表現が見られた。一方で社会的なテーマを重視した「モードの実験場」としての新作発表が前シーズンに続いて目立った。

シャネルは、黒いツイードのジャケットや細身のドレスなど全体的にモダンでシンプルな印象。改装中のグランパレに代わる建物を会場に、演出はフランスのアーティスト、グザヴィエ・ヴェイヤンと協業した。

20世紀前半のロシアから広がった構成主義的なオブジェを背景にモデルが歩く。ブランドの表徴であるツバキを幾何学的にデザインしたロングドレス。手の込んだ職人技の刺繡(ししゅう)にも構成主義的な要素が感じ取れた。

シャネルはこのほど伝統的な工芸技を持つ傘下の工房を集積した施設をパリに開設した。刺繡や花飾りなど多彩な技術がふんだんに駆使されている。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
クリスチャン・ディオール

クリスチャン・ディオールも、いつもよりさっぱりとクリーンなデザインに、刺繡など手仕事で服に立体感を加えた。白や淡いグレーなど優しい色合いに、ほっそりとしたシルエット。ブランドの資料によると、「オートクチュールとは手仕事のノウハウと技の対話。その果実を表現した」という。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
フェンディ

メンズのストリートスタイルで人気のキム・ジョーンズが手掛けて3シーズン目のフェンディは、創業の地ローマが発想源。古代ローマのコリント式の柱や彫刻などをモチーフに、ドレープや極小のスパンコール刺繡など凝った手仕事を盛り込んだ。

様々な体形に合わせる モードの実験

一方、モードの実験場として革新的な試みをするブランドも。多くの生活者に向けて世界的に売り上げを取らなくてはならないプレタポルテ(高級既製服)と違って、特定の顧客だけが対象のオートクチュールは冒険がしやすいからだ。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
ヴァレンティノ

ヴァレンティノは、「モデルの体形こそが理想とするオートクチュールの慣習を見直し、年齢や体形の異なる様々な女性のため」としたコレクション。細身の若いモデルだけでなく、様々な体形の女性が登場。ふくよかな女性が着るドレスは脇に寄せたドレープが美しく流れるなど「着る人の体形とそれを飾るドレスのハーモニー」を重視したという。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
ジャンポール・ゴルチエ

ジャンポール・ゴルチエは、「オートクチュールの新たな展望の発信」として前回からゲストデザイナーを迎えている。今回はストリートスタイルで知られるワイプロジェクトのグレン・マーティンスとの協業。マーティンスが得意とする腰のあたりのV字形のデザインを誇張しながら、オートクチュールの工房ならではの洗練された優雅な形のボディースーツに仕立てるなど意欲的だった。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
ヴィクター&ロルフ

ヴィクター&ロルフはサスペンス映画のドラキュラの姿を元にした、高い肩線と細長いシルエットの服をずらりとそろえた。「現代社会の変化は恐怖」であり、ドラキュラは「恐怖の象徴」なのだという。

手仕事の技、多彩に生かす  22年春夏パリ・オートクチュール
ユイマ・ナカザト

日本から唯一参加しているユイマ・ナカザトは2年ぶりにパリでランウェーショーを行った。発想源は神話に登場する生き物キメラ。天然由来の素材使いなどサステイナブルな服作りを続けている。

今回も新作はオンラインで発表され、参加の約30ブランドのうち半数が観客を招いたショーを行った。ジョルジオ・アルマーニ・プリヴェはコロナ禍において「社員と来場者の健康と安全」を優先するとして不参加。前回53年ぶりにオートクチュールに復活して話題になったバレンシアガは、何か発表するかもとの予想も出ていたが、結局は予定通り次回7月の参加とした。

人気ブランドの不在や、主流になったデザインが比較的おとなしいためか、盛り上がりに欠ける印象は拭えなかった。

編集委員・高橋牧子
写真はいずれもブランド提供

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら