キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

走行時の機動力と広い室内を両立 トラックキャンパー「Desierto-01」

「Desierto-01」の外観。ポップアップルーフを収納している状態 写真提供=MYSミスティック

キャンピングカーの世界では、「トラックキャンパー」と呼ばれるタイプがあります。ピックアップトラックの荷台に、居住空間であるキャンパーシェルを積載しているタイプを指します。略して「トラキャン」。日本ではかなり珍しいタイプといえるでしょう。

なぜ、「トラキャン」は日本で珍しいのでしょうか。土台となるピックアップトラックは、アメリカではポピュラーな存在ですが、日本での人気はいま一つだと思います。実際のところ、日本で今買える国産車のピックアップトラックは、トヨタ・ハイラックスだけです。そんな事情が影響していると思います。

ポップアップルーフで室内空間を確保

山梨県にあるMYSミスティックは、「トラックキャンパー」を手掛ける数少ないビルダーで、トヨタ・ハイラックス用に「J-cabin H」というモデルを発売しています。「ジャパンキャンピングカーショー2022」で、MYSミスティックによる「トラックキャンパー」の新モデル「Desierto(デシエルト)-01」がデビューしました。「J-cabin H」と比べて違う点は、「Desierto-01」には、ポップアップルーフがあることです。

走行時の機動力と広い室内を両立 トラックキャンパー「Desierto-01」
ハッチが上下に開く特徴的なエントランス。左サイドのオーニングは電動式 筆者撮影

トヨタ・ハイラックスは、本格的なオフロード走行や渓流釣りなどのアウトドアライフの足として購入するオーナーも少なくない車種だと思います。オフロードを走るなら車高は低い方が安定しますし、枝をよけやすいなどのメリットもあります。高速道路でも空気抵抗が少なく、走りやすいことは間違いありません。

一方で、「トラックキャンパー」の機能としては、なるべく広い室内空間が欲しい。そこでポップアップルーフを採用し、走行時の高い機動力と停車時の広い室内空間を両立させています。「Desierto-01」の大きな魅力です。

デザイン性も「Desierto-01」の魅力です。まず、「ジャパンキャンピングカーショー2022」で展示されていた車は、黒いボディでした(黒はオプション設定)。白系の車が主流のキャンピングカーの世界では珍しいと思いました。

また、「Desierto-01」のリアエントランスはデザインが少し変わっています。通常は普通の片開きドアがあって、ステップやラダーを下ろすスタイル。しかし、「Desierto-01」のドアはハッチタイプです。プライベートジェットやビジネスジェットのタラップのように、ドアがそのままステップになったデザインです。太いワイヤーでハッチを支えるデザインもワイルドギアっぽいかっこよさがあると思います。電動のサイドオーニングも標準装備しています。

NEXT PAGE本格的なアウトドアライフにぴったり

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら