京都ゆるり休日さんぽ
連載をフォローする

親しみやすくセンスよし 普段着の韓国食堂「하하하(ハハハ)」

一度聞いたら忘れられない、口に出すだけでなんだかご機嫌になれる名の韓国食堂が、下京区の街なかを少し外れた路地の一角にオープンしました。今回訪ねた「하하하(ハハハ)」は、京都で「ピニョ食堂」「ミリネヤンコプチャン」などの人気韓国料理店を手掛ける全敞一(ぜん・しょういち)さん(38)の新展開。タイル張りの外観と町家の内装が独特のミックス感を醸し出す、一軒の空き家に全さんが出会ったことが始まりでした。

暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。

今っぽいのに懐かしい 普通の食堂の居心地の良さ

レトロなカフェのような外観で、韓国料理店として主張するのはハングルの看板のみ
レトロなカフェのような外観で、韓国料理店として主張するのはハングルの看板のみ

洋館建築のような外壁に、陽気な印象のハングルの看板。「하하하(ハハハ)」は日本語と同じく韓国語でも笑い声を意味し、オーナーの全さんが好きな歌のタイトルでもあります。カラフルなモザイクタイルのカウンター、レトロなテーブルや照明、ネオンが光る冷蔵庫……と、どこか懐かしさを感じるインテリアが親しみやすさの理由。カフェと居酒屋の中間のような雰囲気で、お酒を飲む人も飲まない人も気軽に立ち寄ることができるのです。

オーナーの全敞一さん。「하하하(ハハハ)」を含め韓国料理店4店舗のほか、カフェバー「グッドモーニングレコードバー」も手掛ける
オーナーの全敞一さん。「하하하」を含め韓国料理店4店舗のほか、カフェバー「グッドモーニングレコードバー」も手掛ける

「このモザイクタイルのカウンターは、韓国の田舎町の食堂にあったテーブルを模して作ってもらったんです。古くさくて懐かしいのがいいなと思って」

そう話す全さん。日本でも韓国でも、お気に入りの店は、地元の人が昼食ついでにお酒を飲めるような、日常の延長線上にある店。それでいて、自分と同世代の人々の感性にぴたりとハマる、新しさと古めかしさのあんばいを大切に、店づくりをしてきました。和洋と新旧が混在するこの店の物件に出会い、これまで手がけたどの店とも違う「하하하」のイメージがふくらんでいったと話します。

「元の建物が培ってきた歴史をつぶしたくない」という全さんの思いで、柱や土壁はそのまま残し、2階席はアンティークの家具や照明が
「元の建物が培ってきた歴史をつぶしたくない」という全さんの思いで、柱や土壁はそのまま残し、2階席はアンティークの家具や照明が

多様で滋味深い、日常の韓国料理を

中央の「蒸し豚と塩漬け白菜」(600円、以下税込み)は、ふわふわにスライスした蒸し豚と酸っぱい白菜漬けの組み合わせがやみつきに。ナムルやチャンアチ(しょうゆ漬け)などさまざまなアラカルトがそろう
中央の「蒸し豚と塩漬け白菜」(600円、以下税込み)は、ふわふわにスライスした蒸し豚と酸っぱい白菜漬けの組み合わせがやみつきに。ナムルやチャンアチ(しょうゆ漬け)などさまざまなアラカルトがそろう

韓国食堂でありながら、「하하하」のメニューには日本人が見慣れた韓国料理名はほとんどありません。「モンクッ(海藻のスープ)」「コサリユッケジャン(ゼンマイなど具だくさんのスープ)」「チャンアチ」などと書かれた料理の説明をよく読むと、チェジュ(済州)島の郷土料理だったり、韓国の伝統的なしょうゆ漬けだったり……。いずれも素朴で滋味深く、辛さや刺激をうたったものばかりではないことがわかります。

レトロさと今っぽさがほどよく同居する空間
レトロさと今っぽさがほどよく同居する空間

「韓国料理ってなんぼでも種類があるんですよ。辛いのもあれば柔らかい味わいもある。すごく多様で、地方料理も豊富で。そういう当たり前のことが知られてないから、僕自身がよく知っている韓国料理を出したくて」(全さん)

ランチや一人の食事に使い勝手のよい定食メニューは4種類。こちらは神馬藻(じんばそう)という海藻と豚肉、そば粉のスープ「モンクッ」の定食(1300円)。小皿3品と底にもやしナムルを敷いたごはんが付き、混ぜてピビンバにしても楽しめる
ランチや一人の食事に使い勝手のよい定食メニューは4種類。こちらは神馬藻(じんばそう)という海藻と豚肉、そば粉のスープ「モンクッ」の定食(1300円)。小皿3品と底にもやしナムルを敷いたごはんが付き、混ぜてピビンバにしても楽しめる

自国の食文化は、異国の地で展開した途端にわかりやすいイメージだけが先行し、その国で暮らす人々の本来の食卓とはかけ離れてしまうことがあります。けれど、ひとたび耳慣れない料理のおいしさや食材の多様さを味わえば、まるで旅をしたような忘れられない食体験になる。その記憶はまた訪ねずにはいられない理由になり、やがて日常に欠かせない店になっていきます。

レコード好きの全さんの趣味で店の片隅にはターンテーブルが
レコード好きの全さんの趣味で店の片隅にはターンテーブルが

「“韓国っぽい”店ではなくて、普通に韓国の街にあって同世代にはやるような店でありたいと思っています。僕にとってはそれが韓国らしいということだから」(全さん)

昼でも夜でも気軽に立ち寄れて、お酒を飲んでも飲まなくてもよくて、その国の飾らないおいしい料理が食べられて、センスが良いのに親しみやすい。普通なようでどこにもない、そんな等身大の韓国料理店。京都には「하하하」があります。

瓦屋根とタイルの外壁のコンビがレトロながらも新鮮な雰囲気
瓦屋根とタイルの外壁のコンビがレトロながらも新鮮な雰囲気

■ 하하하(ハハハ)https://www.instagram.com/hahaha.teramachi_takatsuji/

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

BOOK

親しみやすくセンスよし 普段着の韓国食堂「하하하(ハハハ)」

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が2019年6月7日に出版されました。&Travelの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら