久保純子 LIFE in N.Y.
連載をフォローする

次女の小学校生活から「こんな教育を受けたかった!」

次女の心のオアシスは本屋さん。どこかミュージアムのようなレイアウトで、梯子(はしご)も雰囲気を演出。装丁がどれも色鮮やかなので、思わず手を伸ばしたくなる

ニューヨーク在住6年目の、久保純子さん。新型コロナウイルスで世界がめまぐるしく変化する中での、ニューヨーク生活。家族や友人との時間、街で見かけたモノ・コト、感じたことなど、日々の暮らしを通して久保さんが見つめた「いまのニューヨーク」をつづります。

週替わりで「SAILOR=船員」に任命

今や20歳と13歳になった娘たち。ニューヨーク(NY)に来たばかりの頃、長女は高校入学直前で、次女は小学3年生だった。長女はひとりで地下鉄で登校していたが、当時8歳だった次女は、州の決まりでどこに行くにも親やガーディアン(守護者)の帯同が必要で、学校はもちろん、お稽古事も、友達の家に遊びに行くときもいつも私が付き添っていた。そんなこともあって、教育現場もじっくりと観る機会に恵まれた。今回は、少し遡(さかのぼ)って次女の小学校生活から見えてきたアメリカの教育事情を取り上げてみたい。

感想を一言でいうならば、私もこんな教育を受けたかった!だ。印象に残っている出来事がたくさんある。まずは、「SAILOR OF THE WEEK」。子どもたちは週替わりで「SAILOR=船員」に任命される。クラスという大きな船の中の一船員として、仲間同士うまくやっていくために、互いのことを知ろうというのが趣旨で、あらゆる角度から自己紹介する。

ある日は、「All ABOUT ME」というブックレットにびっしりと自分の趣味嗜好を記入し、クラスの壁に貼りだして、クラスメートに読んでもらう。他にも、自分の好きな絵本を持って行って、SAILORが読み聞かせをしたり、私たち親が内緒で書いた手紙を先生が朗読するなんていう日もある。最後に、クラスメートが1週間を通して感じたことを手紙にしたため、SAILORに渡す。

次女の小学校生活から「こんな教育を受けたかった!」
自分の趣味や好きなものなどをたっぷり綴った「ALL ABOUT ME」は、お互いのことを知るにはもってこいの一冊。今も大切に取ってある

その手紙を読んでいると、可愛すぎて、ほっこりする。普段、クラスで接するだけでは知りえないような赤ちゃんの頃の様子や意外な趣味、家庭での顔を垣間見ることができるので、「赤ちゃんのときに、お母さんの口に手を当てて寝ていたのが面白かったです」とか、「集中していると舌を出すところにビックリしました」など、率直な感想に加えて、「優しいところが好きです」「一緒に遊ぶと楽しいです」と必ず褒め言葉も書き添えてくれる。まったく違う環境で育ち、異なる価値観・文化を持った子どもたちが、互いのことに興味を持ち、良いところを見出そうとする姿勢は、素晴らしいと思う。 

NEXT PAGE思い思いのスタイルで、自然と本を楽しめる図書館

REACTION

LIKE
COMMENT
3
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら