ファッションニュース
連載をフォローする

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション

2022年秋冬ミラノ・コレクションが2月下旬に開かれた。前回まではコロナ禍で縮小気味だったが、参加の60を超えるブランドのうち9割が観客を入れたショーを開くなど2年ぶりにほぼ元の形に戻った。ミニマリズムや1990年代調、女性性への注目などトレンドも発信された。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
グッチ

ここ数シーズン、新作発表の場をミラノ・コレクション以外で行っていた人気の2ブランドが、今回は戻ってきた。まずはグッチ。ゆがんだ鏡の壁を背景に、女性モデルが華麗に着こなす端正なメンズ調スーツや、アディダスとのコラボで3本線を脇などに施したドレスなどパワフルで話題性のある作品がずらりと並んだ。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタは、新デザイナー、マチュー・ブレイジーによる初のショーだった。ブレイジーは84年パリ生まれ、ラフ・シモンズやセリーヌなどを経てきた注目株。白いタンクトップと、デニムそっくりにプリントをしたレザーのパンツなど、シンプルでありながら微妙な質感が魅力的な作品を披露した。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
プラダ

ごくシンプルなタンクトップと言えば、プラダも透ける細身スカートなどと組み合わせて象徴的なアイテムにしていた。「女性たちの過去から現在までの個人的な歴史」に注目したといい、アールデコ調の幾何柄や刺繡(ししゅう)、アップリケなど人間的な温かみのあるテクニックも随所に差し込まれていた。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
ジル・サンダー

ジル・サンダーも、持ち前のミニマルなデザインの中に、いつもに増してリリカルな優しいディテールを盛り込んだ。彫刻的なフォルムの服に可愛らしいリボンやボタン飾り、吟味されたほんの少しの量感が加えられている。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
エトロ

トレンドでは、民族調のスタイルや手仕事に焦点を当てるブランドも目立った。エトロは民族的な幾何柄の刺繡布を多用したノスタルジックな作品。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
ドルチェ&ガッバーナ

また、80~90年代調のビッグシルエットも多かった。ドルチェ&ガッバーナは、大きな肩や細いウエストを誇張したボディコンスタイルが楽しかった。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
アンブッシュ

日本を活動拠点にするアンブッシュのデビューショーも、肩を強調した独特のダークなバイカースタイルが印象的だった。

パワフルに繊細に、復活の光 22年秋冬ミラノ・コレクション
ジョルジオ・アルマーニ

今回もショーの模様などがオンラインで配信された。コロナ禍により1月のメンズ・コレクションの発表を中止していたジョルジオ・アルマーニは、メンズも合わせたショーを開催。ショーの数日前からロシアの侵攻を受けたウクライナの人々への気持ちの表現として、急きょ背景の音楽なしでショーを行った。

観客の拍手だけが響く会場で、暗い色調の中に宝石のようにちかちか輝くラメやスパンコール刺繡のドレスなどを並べた。ショー後アルマーニは「この場でお祝いをしている場合ではないことを伝える方法を探した。沈黙はどんな音楽よりも大きく、インパクトがあったと思っている」とコメントした。

戦禍がもっと広がりそうな危機の中でファッションは何ができるのか? 世界中のデザイナーたちはそれぞれが仕事の現場で感じている思いを抱えながら、新作発表の場で集い、新たな光をなんとか見いだそうとしているようだ。

編集委員・高橋牧子
写真はブランド提供

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら