Lorenzo STYLE
連載をフォローする

トスカーナと3輪トラック「アペ」を愛するドイツ人版画家

ヴォルフガング・シュアイベさんの版画作品から。3輪トラックに乗っている人々は村の高齢者をモチーフに。「TATTI STAMPA(タッティ スタンパ)」は彼のアトリエ名(TATTI STAMPA提供)

18~19世紀のドイツ詩人ゲーテは、旅の経験をもとに『イタリア紀行』を著した。また、小説『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』にある詩では、イタリアを思わせる南国を「レモンの花咲く国」と描写している。

ここで紹介するヴォルフガング・シュアイベさんもイタリアに憧れてドイツから移住し、自らの作品で第二の人生を切りひらいた人物である。彼のおおらかなライフスタイルが私たちに示してくれるものとは?

トスカーナと3輪トラック「アペ」を愛するドイツ人版画家
ヴォルフガングさんと作品。シエナの老舗版画ギャラリー「ビアンキ」にて(写真/Akio Lorenzo OYA)

活版印刷業を生業に

ヴォルフガングさんは1947年、フランクフルトから110kmほど北にある町ビーデンコプフに生まれた。イタリアとの“なれ初め”は幼い頃にさかのぼる。両親と訪れた、北部マッジョーレ湖だった。その旅で、ヴォルフガングさんには素晴らしい体験があった。

「ドイツとは異なる家屋のたたずまいに目を見張り、人々にも魅了されたのです」

その後、青年となった彼は、広告関係のグラフィック・デザイナーに憧れ、学校で学び始めた。しかし、次第に違和感を覚えるようになる。「虚構の世界に身を置くことに疑問を抱くようになりました。完全には白くならない洗剤を『ほら、こんなに真っ白に』と言って売ることに対して、抵抗せずにはいられなかったのです」と笑う。

代わりにヴォルフガングさんが惹(ひ)かれたのは、活版印刷だった。オフセットにはない独特の風合い。それも今日の輪転印刷機でなく、15世紀にヨハネス・グーテンベルクが考案したものに近い平圧式印刷機によるものだ。その技術を3年かけて習得後、印刷業を生業(なりわい)とした。

トスカーナと3輪トラック「アペ」を愛するドイツ人版画家
イタリア中部マレンマ地方タッティ村にあるアトリエで(TATTI STAMPA提供)

バイオダイナミック農法に携わる

ヴォルフガングさんの自動車歴についても聞いてみる。

「最初に乗ったのは、イタリアのフィアット850でした。その後、一時VWビートルに乗りましたが、フィアット600ムルティプラを手に入れました。当時でも、すでに旧車でしたけどね。5人の子どもたちを乗せて走ると楽しかったものです。ドイツ車の信頼性には疑いの余地がありませんが、イタリア車のデザインはドイツ車にはない、シンプルさによる魅力があったのです」

後に、イタリア中部トスカーナのマレンマ地方を家族とともに初めて訪れたのは1976年、29歳のときだった。

「私たちは、マレンマ地方の自然と人々の素朴さに魅了されました。人生観を変えたといっても過言ではありません。そればかりか、毎年夏休みになると、ドイツから車で訪れるようになりました。子どもたちはドイツ語、英語に加えて、イタリア語も話せるようになりました」と振り返る。

「あなたもご家族と毎夏イタリアに?」とヴォルフガングさんに尋ねてみた。

「私は基本的にドイツに残りました。農民の辞書にバカンスという言葉はありませんからね」

彼は活版印刷業の傍らで1973年、26歳のときからバイオダイナミック農法に携わっていた。有機農法の一種で、シュタイナー農法ともいわれ、無農薬・無化学肥料を守りつつ、天体の動きに基づいた農事暦にしたがって栽培を行う農法である。加えて、ヴォルフガングさんは、農法を提唱したルドルフ・シュタイナーの方針を実践する学校で、8年にわたり教壇にも立った。

トスカーナと3輪トラック「アペ」を愛するドイツ人版画家
ヴォルフガングさんはバイオダイナミック農法を半世紀近く実践してきた。収穫した小麦と(TATTI STAMPA提供)
NEXT PAGE「アペ」に乗る人々と農作物を題材にしたファンタジー

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら