海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

大海原の開放感を全身で感じる 高知県・土佐白浜駅

波の模様の列車を降りたら、ホームから本物の白波が見えた

ぽかぽかとした日差しの心地よい、3月下旬。1両編成のディーゼルカーから土佐白浜駅(高知県黒潮町)のホームに降り立つと、正面には視界いっぱいの海が広がった。太平洋へと続く土佐湾だ。辺りを包むのは、波の音と海の風。空は快晴。この駅で待っていたのは、あまりにすがすがしい時間だった。(訪問:2013年3月)

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

さえぎるものがないというぜいたく

高知県の南西部を土佐湾に沿って走る、土佐くろしお鉄道中村線。海の見える駅も数多い路線だが、中でもここ土佐白浜駅は抜群の眺望を誇る。

土佐白浜駅から望む土佐湾。島一つ見えず、水平線がひたすらに続く。内海では味わえない開放感だ
土佐白浜駅から望む土佐湾。島一つ見えず、水平線がひたすらに続く。内海では味わえない開放感だ

はるか遠くには、空と海をきれいに分かつまっすぐな水平線。一方、波打ち際ではごつごつした岩肌に白波が勢いよく打ち付ける。駅と海との間には国道や集落があるものの、標高およそ20メートルのホームにいれば、視界は良好。屋根はなく、フェンスも高すぎない。さらに足元の舗装も最低限で、駅によくあるコンクリートや鉄骨の無機質さもほとんどない。まるで周囲の景色に溶け込むように、駅としての存在感を消していた。

ほとんど舗装されていないホーム。砂利のあらゆる隙間から、草花が顔をのぞかせていた
ほとんど舗装されていないホーム。砂利のあらゆる隙間から、草花が顔をのぞかせていた

これだけさえぎるものがないと、波の音、海の風もダイレクトに体へと伝わってくる。中村線の各駅では駅名標にキャッチフレーズが書かれていたが、土佐白浜駅のそれは「渚の潮騒が聞える」。このホームは、目ではもちろん、耳や全身でも海の存在を実感できる、なんともぜいたくな展望台なのだ。

駅名標の脇にある階段を降りて、駅の出口へと向かう。頭上には開花して間もない桜の花が、海を背景にゆっくりと揺れていた。

桜と合わせて見ることで、海の青も少しだけ優しい色に見えた
桜と合わせて見ることで、海の青も少しだけ優しい色に見えた

そのまま桜の枝をくぐり、細くて急な坂道を下る。さらに田畑と民家に挟まれた小道を抜けて、ようやく集落の中に出た。無人駅なので改札がないのはもちろんだが、駅舎もない。驚いたのは、駅前に看板すらなかったこと。あらかじめ知らない限り、ここに駅があるとは気づけないだろう。そんな「ひっそり感」も土佐白浜駅の愛すべき特徴といえそうだ。

土佐白浜駅の入口。「津波避難場所」のサインがヒントだ
土佐白浜駅の入口。「津波避難場所」のサインがヒントだ
NEXT PAGEオーシャンビューの散歩道で、隣の佐賀公園駅へ

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら