城旅へようこそ
連載をフォローする

明石海峡をにらむ二つの三重櫓の威容 明石城

明石城の居屋敷曲輪(くるわ)跡から見上げる本丸南面

長さ380m、高さ20mの見事な石垣

見事な本丸南側の石垣は、東の丸から稲荷曲輪までを含めると約380メートルに及ぶ。高さは、三の丸から櫓台下の帯曲輪まで約5メートル、そこから約15メートルあり、合計すると約20メートルある。台地の先端部となる本丸、稲荷曲輪、二の丸、東の丸の南辺は創建時からすでに高石垣が積まれていたようだ。

東の丸の高い石垣
東の丸の高石垣

色の違う石が混ざっているのは、積まれた時期が違うからだ。櫓台や積み足された乾櫓(いぬいやぐら)の東南隅、石垣の天端(最上部)付近などにやや黄色っぽい竜山石(凝灰岩)が集中することから、修復時にはこの石を用いたと推察される。花崗岩(かこうがん)は、築城時に用いられたようだ。

本丸と二の丸は巨大な堀切で分断され、削平した地面の両脇が石垣で固められている。坤櫓下の圧巻の高石垣、二の丸への虎口と番ノ門の外枡形、二の丸とをつなぐ土橋が重なり、迫力ある高石垣が堪能できる。

本丸北側の石垣 桜堀とセットで強靱な防御

本丸の北側も見逃せない。本丸と二の丸間の堀切を北側に降りていくと、桜堀に着く。このあたりから振り返って見上げたときの、本丸北側の石垣が圧巻だ。南側が華やかな表の顔だとすれば、北側は背後を守る剛健な壁といったところ。桜堀とセットで、北側の強靭(きょうじん)な防御線となっている。

南側の三の丸あたりにいると平坦な城に思えるが、城内をくまなく歩けば、台地の複雑な起伏を利用しながら防御性を高めて設計されていることに気づくだろう。本丸北側の高石垣も、地形に沿って巧みに築かれている。北東側が凹んでいるのは鬼門除(よ)けだろうか。

桜堀と本丸北側の石垣
桜堀と本丸北側の石垣

駅前にもかかわらず、明石公園は市民憩いの公園となっていて、とても居心地がいい。のんびりと散歩する老夫婦や元気に走りまわる子供を見ていると、ほのぼのとした気分になる。江戸時代初期に緊張下で築かれた明石城だが、江戸時代中期頃にはこうした平和な光景を見下ろしていた時期もあったのだろうか。地域を400年以上見守ってきた石垣に思いをはせながら、歩く時間がたまらない。

(この項おわり。次回は4月4日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト
■明石城
https://www.akashijo.jp/(明石城公式ウェブサイト)

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
1
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら