不条理とのつきあい方
連載をフォローする

自分にやさしく、周りにやさしくするべき時があるとすれば今

戦争をスマホで見るようになってしまった。2022年2月末にはじまったロシアによるウクライナ侵攻について、そう感じた人も多いのではないでしょうか。

ウクライナの人々はほんの少し前には、家族や友人と街を歩き、カフェに行き、子供たちは学校に行っていたはずです。戦争が起きて、何の罪もない人が砲撃で亡くなり、美しかった街が炎に包まれて跡形もなく瓦礫になっていく。子どもを守れなかったと泣き叫ぶ親の姿が何度もニュースで流れていました。まだ少年の面影を残すウクライナの大学生が銃を取り、とても怖いけれど祖国を守ると語ります。一方で若いロシア兵も祖国に帰ることなく、亡骸(なきがら)となっています。

もちろん世界を見渡せばウクライナでの戦争の前にも、内戦が続くシリアでは数百万人単位の難民が出ていますし、紛争が続くパレスチナのような土地もあります。こうした悲劇にもっと向き合わなかった欧州先進国のダブルスタンダードという批判はあるでしょう。一方でウクライナがヨーロッパの国であり、近隣国であるロシアの軍事的脅威もあいまって、欧州先進国が自国に直接的に関係があると肌身に感じたともいえます。

スマホを通して見える不条理と無力感

日本に暮らす私たちが通勤電車でスマホを見れば、困窮する戦禍の人々の様子や、ウクライナ在住の日本人が日本語で語るツイートや画像を見ることができてしまいます。

自分にやさしく、周りにやさしくするべき時があるとすれば今
スマホを通して、ウクライナの戦禍の様子が伝えられている 写真=loveshiba/Getty Images

でも悲惨な状況に対し、スマホでつながっている私たちには何もできません。画面の向こうの人々は空爆を避け、地下鉄の床で寝ています。今、さっき見た人はもう砲撃で亡くなっているかもしれません。不条理と言えば、こんなに不条理ということもありません。世界がつながっているがゆえに、あなたは無力感を覚えて、平和に生活していることに罪悪感を覚えるかも知れません。

世界がコロナ禍から立ち直っていないなか、まったく合理性のない暴力を止められない現状を私たちは見ています。現地では核兵器が使用される可能性さえ示唆されています。もしかしたら長い歴史のなかで、これまでの私たちはたまたま束の間の穏やかな平和な時期に暮らしていたのかも知れません。日本も戦後80年近く経っていますが、それは偶然、平和だったと。

海の向こうの戦争で大勢の人々が亡くなっていくことに何もできずに、情報だけが入ってくる。コロナで外出は減り、外に出れば誰もがマスクをしていて、表情もわからない。こんな環境では気が滅入ってしまうのは当たり前ですし、他者への共感力の高い人ほど辛く感じることでしょう。

NEXT PAGE限界を超える前に誰かに「つらい」と伝えよう

REACTION

LIKE
COMMENT
5
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら