30歳からのコンパス
連載をフォローする

香里奈さん、自分らしくいられる時間から見つけたこと(後編)

30代だからこそ演じられる役

俳優としての幅もひろがっている。最近では、ドラマ『真犯人フラグ』で、謎のクレーマーである通称「バタコ」の怪演が「怖すぎる!」と大きな話題に。「楽しい!しかなかったですね」と笑顔が弾けたが、登場人物がことごとく怪しく、真犯人が最後の最後までわからない謎解きドラマゆえに、撮影現場は「少し特殊だった」と振り返る。

香里奈さん、自分らしくいられる時間から見つけたこと(後編)

「半年撮影と長期間の連続ドラマだったので、前後の展開も結末もわからないまま演じたシーンもありました。後から脚本が届き『こういうことだったんだ!』と、演じている私自身が知る。そんな撮影現場でした」

コテコテの関西弁でまくしたてる「大阪王将」のCMも話題に。イメージを変えることに戸惑いはないのだろうか?

「『新たな一面』と言われますが、すべて私の中にある顔。これも香里奈、あれも香里奈だと、皆さんに驚いていただけたらうれしいですね」

役者は、年齢とともに演じられない役も出てくるが、逆に新たに演じられる役も増えていく。「30代は、実は演じる役が一番難しい時期だと感じています。20代後半なら、恋愛、結婚、仕事、どれを選ぶの?なんていう人生の選択に悩む役柄がはまるけれど、38歳の私がそれを演じるのは難しい。でも、そんな時期だからこそ演じられる役が必ずあると思っています。今回のバタコも今の私だから演じられたような気がします。私の中にあるいろんな顔を出していき、視聴者の期待をいい意味で裏切っていきたい」。

一方で、プライベートでは年齢を意識することはないという。

「もちろん、若いときのように勢いで乗り切れなくなったり、無理をすれば如実に肌に出ることもあります。ですが、気持ちと年齢は関係ないと思っていて、何歳になっても新しいことに挑戦できるし、ファッションやメイク、ヘアスタイルも自分が好きなものを選んでいい。30代だからこうでないと、40代になったからこうしなきゃ、っていう制限を自分にかけることはないと、私は思っています」

香里奈さん、自分らしくいられる時間から見つけたこと(後編)

多様性の時代。女性の人生のカタチもさまざま。

「誰もが自分らしく楽しんで生きていける世の中になるといいなと、すごく思っています。私自身、自分らしさや個性はいくつになっても大切にしていきたいですね」

NEXT PAGE愛犬の介護を経験して

REACTION

LIKE
COMMENT
1
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら