京都ゆるり休日さんぽ
連載をフォローする

「おいしい」を手から手へ 京に根付く小さな「市」 万年青のオモテ市

骨董(こっとう)市や手作り市など、京都には毎月決まった日に開催される「市」が根付いています。歴史が長く、何百もの露店が並ぶ市がある一方で、発起人の熱意や呼びかけで誕生した小さな市もあちこちに。今回訪ねたのは、西陣に店を構える「串揚げ万年青(おもと)」が、毎月25日に開催する「万年青のオモテ市(以下、オモテ市)」。新鮮な野菜や彩り豊かなお弁当、味わい深い調味料や食材などがそろう食のマルシェです。

暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。

どんな宣伝よりも「伝わる」軒先マルシェ

会場となる「串揚げ万年青」。軒先には八百屋、店内にはお弁当やパン、食材が並ぶ
会場となる「串揚げ万年青」。軒先には八百屋、店内にはお弁当やパン、食材が並ぶ

今年1月に100回目の開催を迎え、9年目に入っている「オモテ市」。開場前から店先には行列ができ、人気の品は即完売となることも少なくありません。会場となるのは、旬の素材を一番搾りの菜種油でからりと揚げる「串揚げ万年青」の軒先と店内。店を営む青木嗣(つぐ)さん・裕子さん夫妻が、店のオープンからわずか半年後にスタートしたマルシェでした。

彩り豊かなお弁当は、京都で活躍する食堂や料理家から届くもの。ピクニックシーズンにもぴったり。こちらは左京区「喫茶ホーボー堂」のお弁当
彩り豊かなお弁当は、京都で活躍する食堂や料理家から届くもの。ピクニックシーズンにもぴったり。こちらは左京区「喫茶ホーボー堂」のお弁当

「オーガニックや無添加の食材の良さを、うちのメニューや広告でうたうのではなく、どうやったら伝えられるだろうかと考えていました。文字情報より先に、『おいしい』と感じてもらえたらすぐわかってもらえる。それには、気軽に立ち寄れるマルシェだなと思ったんです」(裕子さん)

和菓子や焼き菓子などのおやつも充実。どのフードや素材も青木さん夫妻が納得し、何より作り手の誠実な人柄にひかれたもの
和菓子や焼き菓子などのおやつも充実。どのフードや素材も青木さん夫妻が納得し、何より作り手の誠実な人柄にひかれたもの

顔の見える生産者から仕入れる無農薬や減農薬で育った野菜、添加物を用いていない魚の干物、ソースや漬物まですべて手作りのお弁当……。どんな宣伝文句よりも、一口食べて「おいしい」と感じてもらうことが、素材そのままの味の豊かさを知るきっかけになるはず。「オモテ市」は、そんなささやかなシェアの場でした。

市のスタートから定番で扱う、嗣さんのふるさと・高知で作られる無添加の干物や釜揚げしらす。ちりめんじゃこ文化の京都人だが、「釜揚げしらすのおいしさに開眼」との評判も
市のスタートから定番で扱う、嗣さんのふるさと・高知で作られる無添加の干物や釜揚げしらす。ちりめんじゃこ文化の京都人だが、「釜揚げしらすのおいしさに開眼」との評判も

体が喜ぶおいしさは口コミで広がり、加えてここ数年の間に、SDGsやオーガニックといったチョイスはぐっと身近に。9年目を迎え、「おいしいから選ぶ」食のマルシェとして、街に定着しつつあります。

続ける、届ける オーガニックを当たり前の選択肢に

出店者は定番+月替わりで10組以上。この日は西陣の自家焙煎(ばいせん)喫茶「カフェ デ コラソン」のコーヒースタンドが
出店者は定番+月替わりで10組以上。この日は西陣の自家焙煎(ばいせん)喫茶「カフェ デ コラソン」のコーヒースタンドが

定例開催するにあたって、裕子さんは「お客さまが来てくださる限り続けよう」と決めたといいます。その思いはコロナ禍となった今でも同じこと。店頭での検温や消毒、入店人数の制限など、できる限りの対策を講じて、一度も休むことなく開催しています。

9年目に入っている「オモテ市」。開場前から店先には行列ができる
9年目に入っている「オモテ市」。開場前から店先には行列ができる

「いろんな食生活があって当然。その中で、オーガニックや無添加のものを選ぶことが、押しつけではなく選択肢の一つとしてあり続けられたらと思うんです」

毎日の献立に役立つ総菜や加工食品、調味料なども並ぶ
毎日の献立に役立つ総菜や加工食品、調味料なども並ぶ

そう語る裕子さん。2020年の秋から、仲間たちと新しい取り組みも始めました。「おもとのオモテ市 おたくまで」と題し、「オモテ市」でおなじみのフードを、できたてその日にデリバリーするという事業です。宅配業者を介さず、青木さんや出店者が直接購入した方の自宅に届けるため、近郊の人のみが利用できるサービスとなりますが、評判は上々。

一番奥のスペースでは、甘味処「うめぞの茶房」のお菓子、嵐山のごはんとおやつの店「日音色(ひねいろ)」のお弁当、だし専門店「うね乃(の)」のだし・調味料などが
一番奥のスペースでは、甘味処「うめぞの茶房」のお菓子、嵐山のごはんとおやつの店「日音色(ひねいろ)」のお弁当、だし専門店「うね乃(の)」のだし・調味料などが

「本当にオーガニックを必要としている人は、家から出られなかったり足を運べなかったりする人も多いんじゃないかと思って、スタートしました。お届けにあがると、絶対にただの受け渡しでは終わらないんです。ご近所のエピソードをお話しくださったり、作り手のこだわりを伝えたり、必ずコミュニケーションが生まれる。そのこともやってよかったと思う理由の一つです」(裕子さん)

出店者が店頭に立つこともあり、訪れた人とも交流が生まれる
出店者が店頭に立つこともあり、訪れた人とも交流が生まれる

人から人へ。手から手へ。店のおもてで始めた小さな市がどんなに成長しても、根底にあるその思いは変わりません。目の前の一人を「おいしい」と笑顔にすることが、食を見つめ、選択肢を増やし、未来を変える一歩になる。そう信じて、「オモテ市」は今月も25日に開きます。

■ 万年青のオモテ市 https://omoto2013.com/
*毎月25日開催。詳細はインスタグラム参照

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

BOOK

「おいしい」を手から手へ 京に根付く小さな「市」 万年青のオモテ市

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が2019年6月7日に出版されました。&Travelの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら