“かっこいい”との付き合い方
連載をフォローする

玉山鉄二「大事なのは、年齢とともに自分なりの哲学や理念を明確にしていけること」

尾藤能暢撮影

多くの人が憧れる俳優たち。彼らはなぜ「かっこいい」のか。その演技論や仕事への向き合い方から、ルックスだけに由来しない「かっこよさ」について考えたい――。

4月8日公開の映画『今はちょっと、ついてないだけ』は、夢破れて挫折した人々が集まるシェアハウスを舞台に、それぞれの人生とその交錯を描いた作品だ。かつてはスターカメラマンだったが、現在は無気力な毎日を送る主人公・立花浩樹を演じるのは玉山鉄二。映画主演は13年ぶりとなる。

19歳でデビューし、この春42歳の誕生日を迎えた玉山は、これまでの道のりを「平坦(へいたん)ではなかった」と振り返る。その中で貫いてきた、独特な「理想」や「目標」との向き合い方とは――。

(取材・構成=西森路代 ヘアメイク=城間健〈VOW-VOW〉 スタイリスト=袴田能生〈juice〉)

「あのとき逃げずに引き受けてよかった」

――今回『今はちょっと、ついてないだけ』で演じられた立花浩樹という人物を、どんな人だととらえていましたか?

人って、40代を迎える頃には、周囲と食い違ったり所属する組織と相いれない部分ができたり、そういう闇みたいなところを誰しもが抱えると思うんですね。そこを見ないようにする生き方もあるんでしょうが、立花は向き合いすぎた人だと思いました。そのせいで前を向いたり、リスタートすることが怖くなっていた人なのかな、と考えていました。

玉山鉄二「大事なのは、年齢とともに自分なりの哲学や理念を明確にしていけること」
尾藤能暢撮影

――玉山さん自身の中で、立花と共通すると思うところはありますか?

僕も、仕事を始めてからこれまで平坦な道を進んできたわけではないし、悔しい思いもしました。僕だけじゃなくて、みんなにあると思うんです。女性も、結婚や出産でリスタートを切らないといけないときがあると思います。そこからまた仕事や物事に向かってオンにするときは、大変で労力を使いますよね。

――本作では立花をはじめ、自分が思い描いた未来とは違う人生を送っている、いわば挫折を味わった人たちのドラマが描かれます。玉山さん自身も挫折を味わった経験はありますか。

たくさんあります。僕は「このままだと、役者の仕事で40代、50代を迎えられないな」と思ったことがあるんです。それは技術的なこともメンタル面も含めて。20代後半のとき、ある仕事で、今までできたことが急にできなくなってしまったんですね。それで恐怖感に駆られた時期がありました。俳優の仕事は、監督や脚本家、いろんなスタッフの方とかかわるので合う・合わないがもちろんあるんですが、そこに向き合いすぎていたのかなと思います。

玉山鉄二「大事なのは、年齢とともに自分なりの哲学や理念を明確にしていけること」
尾藤能暢撮影

――今はこうして40代になっても俳優の仕事を続けられているわけで、それをどうやって乗り越えられたんでしょうか。

それから数年間は「またあの時と同じようになったら嫌だな」と思いながら仕事をしていました。その後、同じ脚本家さんの作品でオファーをいただいたんです。最初は当時の思いもあったのでお断りしました。でも、脚本を読んだらすごく良かったこともあり、考えた結果引き受けることにして。この作品を自分の中で納得できるものにできたら、10年くらい背負っていた思いが消えるんじゃないかと思ったんです。結果、プロデューサーやディレクター、脚本家さんからも良い評価をいただけました。

脚本家の方に当時の自分が気になっていたことを話してみると、特に何かを思っていたわけでもなく「そうなの?」って笑ってましたね。自分の中では引っ掛かっていたことが、一歩引いて見るとそんなものか、と気づきました。あのとき逃げずに引き受けてよかったなと思いました。

NEXT PAGEはっきりした理想を抱くと、そこから逸脱することが怖くなる 

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら