東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《Tokyo, Japan》2021 © Naoki Honjo

&wの連載「東京の台所2」で生活感とリアリティーにあふれる写真を手掛ける写真家・本城直季さんの個展「本城直季 (un)real utopia」が、東京都写真美術館で開かれている。

本城さんは、大判カメラの「アオリ」という手法を応用して、都市や自然の遠景をまるでミニチュア模型のように写す独特の表現で知られている。被写体が本物かミニチュアか判断がつかず、思わずのぞき込んでしまいたくなる作品も多い。

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《Tokyo, Japan》2005(small planetシリーズより)© Naoki Honjo 

本城さんがレンズを向けるのは「都市の違和感を感じる場所」だという。

東京・目白で生まれ育ったが、小さい頃から自分が暮らす東京という街に対して、不思議な違和感を持っていたという本城さん。

住宅街が広がり、ビルが迫る東京。子どもが外で自由に遊ぶ場所は限られ、本城さん自身も家の中でゲームをして過ごすことが多かった。そんなとき千葉県の房総半島を旅行すると、海と田んぼが広がる中で、解放されるような感覚を味わったという。同時に、都市に住むという行為に対して違和感を覚えていった。

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《Tokyo, Japan》2002(small planetシリーズより)© Naoki Honjo 

写真を始めると、必然的にレンズはそんな違和感の先に向かった。都心の夜景の中にも、高層ビルと昔ながらの住宅街が隣接する。ふと見上げる高層ビル群が、バーチャル世界のように感じられ、自分がテーマパークに入り込んだような感覚になることもある。東京という街を俯瞰(ふかん)したい、という思いで撮影を続けてきた。

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《steel mill, Kanagawa》2014(industoryシリーズより) © Naoki Honjo

本城さんは、「連載『東京の台所2』では、東京という街に住むひとりひとりに驚くほど物語があることがわかる。展覧会では、連載でのピンポイントな視点とはまた違い、一歩引いて街を見てもらえると思います。普段は生活に追われ、自分の街を俯瞰して見て、考えてみることはなかなかないと思うので、そういう機会にしてもらえればと思います」と話す。

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《Nakayama Racecourse, Chiba, Japan》2005(small planetシリーズより) © Naoki Honjo

会期は5月15日まで。木村伊兵衛写真賞を受賞した「small planet」シリーズを始め、東日本大震災直後の東北を写した「tohoku 311」、サバンナの雄大な自然を捉えた「kenya」、街灯の明かりをたよりに長時間露光で住宅街の路地裏を写した「LIGHT HOUSE」のほか、2021年、オリンピックイヤーの東京を被写体として撮り下ろした作品など、未公開作を含む約200点が展示されている。

東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
《beach》2005(play roomシリーズより) © Naoki Honjo
東京を見るもうひとつの視点。違和感の先にとらえたもの 写真家・本城直季さん個展
#
PROFILE
本城直季

1978年東京都生まれ。2004年、東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻修了。『small planet』(リトルモア、2006年)で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。作品制作を続けるかたわら、ANA機内誌『翼の王国』で連載するなど、幅広く活動している。作品はメトロポリタン美術館やヒューストン美術館にパーマネントコレクションとして収蔵されている。

本城直季 (un)real utopia

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら