城旅へようこそ
連載をフォローする

効率的な特殊設計! 築城時の情勢が伝わる赤穂城

赤穂城の三の丸大手門と三の丸大手隅櫓(やぐら)

コンパクトながら効率的な政庁警備可能

築城時の社会情勢が反映されている点にも注目したい。近隣にある兵庫県内の城と比較してみるとよいだろう。たとえば関ケ原の戦い直後の緊迫した情勢下で築かれた姫路城(姫路市)とは規模が異なり、姫路城のように城内で徹底抗戦するような意図は感じられない。海に近い立地という意味では明石城(明石市)と共通項があるが、やはり大坂夏の陣の後で江戸幕府による西国大名の牽制(けんせい)を担った明石城とは戦闘性が異なる。

江戸幕府の盤石な体制が整った1649(慶安2)年から築かれた赤穂城には、敵対勢力との戦いを想定した戦闘力ではなく、政庁の防衛を目的とした警備力が感じられる。わずかな年代差ではあるが、城は時代により変化することを教えてくれる。

赤穂城は利便性の高さを考慮した海城であり、コンパクトながら効率的な警備を可能にした城なのだ。本丸には櫓台のように突出した「横矢枡形(ますがた)」がいくつもあり、東北隅、西北隅、西南隅、厩口(うまやぐち)門南に櫓台状の突出部がある。実際に二重櫓が建っていたのは東北隅だけだったが、この1棟がかなり効いていたことも現地を訪れれば実感できる。

本丸東北隅櫓
本丸東北隅櫓台

現在、赤穂城のシンボルとなっているのが、三の丸大手隅櫓だ。すぐ南側に橋の先にある高麗(こうらい)門が、三の丸大手門の高麗門。高麗門を抜けると大きな枡形があり、本来は櫓門をくぐって二の丸へと入った。高麗門と櫓門は明治初期に取り壊されてしまったが、1955(昭和30)年に高麗門だけが大手隅櫓とともに復元されている。

復元された三の丸大手隅櫓
復元された三の丸大手隅櫓

大石神社の境内は、大石内蔵助の屋敷跡にあたる。大石家は代々浅野家に仕えた重臣で、大手門西側の一画に屋敷を構えていた。その広さは間口28間(約42メートル)×奥行45間(約90メートル)余りにおよび、通りに面して長屋門が残っている。江戸時代の刃傷事件の直後、江戸から事件を知らせる早駕籠(はやかご)が着いたのもこの門だ。

大石神社の南西にある塩屋門が三の丸への入口にあたり、西は西駐車場、東は清水門跡や市立歴史博物館あたりまでが三の丸にあたる。大石神社南側には、大石神社の義士たちの屋敷が並んでいた。山鹿素行の銅像が立つあたりが二之丸門跡で、三の丸と二の丸の境となる。

大石良雄宅跡長屋門
大石良雄宅跡長屋門

本丸門は巨大な枡形 本丸に御殿や庭園

本丸の正面玄関となる本丸門は長方形の枡形を備えた巨大な枡形門で、明治に入り取り壊されたが、発掘調査や絵図などをもとに1992〜1996(平成4〜8)年に復元されている。

復元された本丸門
復元された本丸門

本丸跡には本丸御殿の間取りが平面表示されており、江戸時代の御殿の構造や規模がよくわかる。本丸は、ほとんどを本丸御殿が占めていた。

本丸には庭園があり、表御殿南面の大池泉、中奥坪庭の小池泉、本丸北西隅の池泉が発掘調査で検出され、庭園の景観が再現されている。とりわけ見事な大池泉は、浅野家時代に造られた池泉を、その後に城主となった森家が改修したことがわかっている。中島・入江・岬、護岸汀線(ていせん)は直線と曲線を組み合わせ、池の底に割石・砂利石・瓦が敷き詰められている。

本丸庭園とともに「旧赤穂城庭園」として国の名勝に指定されているのが、二之丸庭園だ。大石頼母助(たのものすけ)屋敷南面から二之丸西仕切門まで広がる大きな池泉を中心とした庭園で、全面発掘調査の成果をもとに整備されている。

天守台から見下ろす、大池泉と本丸御殿跡
天守台から見下ろす、大池泉と本丸御殿跡

高さ9メートルの天守台 天守は建造されず

本丸南東部でひときわ存在感を放つ天守台は、高さ約9メートルに及ぶ。この上に天守が建っていたならかなりの威容と想像できるが、実際には天守は建造されなかった。天守台の上に上がると、周囲を見渡せ、海城だったころの景観を思い浮かべることができる。

本丸の天守台
本丸の天守台

1706(宝永3)年に森長直が入った後は森家が治め、明治の廃藩置県を迎えた。廃城令後は城内の建物は次々に取り壊されて田畑となった後、昭和に入ると1981(昭和56)年まで兵庫県立赤穂中学校(現在の赤穂高等学校)の校舎が本丸に建てられていた。

赤穂高校の通用門として改変されていたのが、本丸東側の厩口門。浅野家時代には厩口門、森家時代には台所門と呼ばれていた。2001(平成13)年に門と橋、土塀や石垣が整備されている。

(この項おわり。次回は5月2日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト
■赤穂城
http://www.ako-hyg.ed.jp/bunkazai/akojo/(赤穂城公式Webサイト)

フォトギャラリー(クリックすると、写真を次々とご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら