スペイン
連載をフォローする
SPONSORED

永遠の恋人、悠遠の山脈、要塞の村々……スペイン・アラゴン州はいざなう

SPONSORED
「テルエルの恋人」のミイラが眠る石棺。2人の手は触れていないが、床の影はつながれて見える。この世で結ばれなかった悲恋©Fundación Amantes de Teruel

ピレネーに抱かれた国境の「終着駅」カンフランク

カンフランク国際駅©スペイン政府観光局
カンフランク国際駅©スペイン政府観光局

山峡(やまかい)の終着駅は、旅情をかき立てる。険しい山が立ちはだかり、鉄路はそこで終わる。傾斜地に身を寄せ合うような集落のたたずまいに、ふとほっとする。残雪の峰々をはるか高くに見上げると、小さな青空が天にのぞき、旅人はその向こうの土地に思いを巡らせる。

東西約430キロにわたってスペインとフランスを画然と分かつピレネー山脈。2000~3000メートル級の山々が連なり、山脈最高峰のアネト峰(3404m)を含むエリアはアラゴン・ピレネーと呼ばれる。その山ふところ、アラゴン州北部ウエスカ県に堂々と鎮座するのが、カンフランク国際駅だ。

州都サラゴサと結ぶ列車が1日3往復する©アラゴン州政府観光局
州都サラゴサと結ぶ列車が1日3往復する©アラゴン州政府観光局

「国際駅」だが、フランスへ向かう列車はない。州都サラゴサから約3時間40分かけ、片隅の国内線用ホームに中距離列車が1日3本到着するだけだ。首都マドリードから高速列車AVEでサラゴサまで約1時間20分。一度の乗り換えでたどり着けるが、ローカル線の終着駅の雰囲気だ。

かつては列車がフランスへ国境を越えた©スペイン政府観光局
かつては列車がフランスへ国境を越えた©スペイン政府観光局

この路線はもともとサラゴサからフランス南西部のボルドーに至る鉄道網の一部で、カンフランクはスペイン側の国境駅だった。しかし、1970年にフランス側で起きた脱線事故以降、廃線状態になっている。現在、スペインとフランスを結ぶ鉄路は、ビスケー湾側のバスク州と、地中海側のカタルーニャ州の両沿岸部のみ。「鉄道でピレネー越え」はかなわないが、ここカンフランクから国際バスが出ており、峠を越えてフランスのベドゥーという街に着き、鉄道に乗り換えられる。ローカル交通を使った国境越えは、日本では体験できない。

小さなターミナルのカンフランクだが、古来の街道筋に位置する。フランスからソンポルト峠(1640メートル)を越えてスペインに入る「アラゴンの道」は、世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」を構成する「フランスルート」の一区間。中世からヨーロッパ中の巡礼者がこの道を通り、スペイン西端部ガリシア州の聖地を目指した。日本のお遍路のように、巡礼者を迎える宿泊所もカンフランクに整備された。また、この街道は近現代に至ってもヨーロッパの交易・物流を支えたルートだ。

峠を控えたカンフランクの街並み©スペイン政府観光局
峠を控えたカンフランクの街並み©スペイン政府観光局

なお、全長240メートルの荘厳な駅舎を持つカンフランク国際駅は、早ければ今年末にも五つ星の高級ホテルとしてオープンする予定だ。19世紀の様式で建てられた重要文化財の駅舎は、アラゴン州政府が全面的に修復。スイートルーム4室を含む104室を備え、列車車両を使い20世紀のレストランが再現されるという。駅のコンコースはホテルのレセプションになる。列車の旅を楽しみ、歴史的なステーションホテルを拠点にピレネー観光……と、夢の膨らむニュースだ。

ピレネー観光と、城・要塞の絶景

カンフランクは、ラロン峰(2125メートル)やラ・ガルガンタ峰(2643 メートル)などのピレネーの山々に囲まれている。周辺は、アラゴン川が刻むアラゴン渓谷で、ピレネーの数ある渓谷の中でもスキーリゾート地として有名。国境付近へ北上すると「カンダンチュ」「アストゥン」などの大規模なスキー場がある。

カンダンチュ・スキー場©アラゴン州政府観光局
カンダンチュ・スキー場©アラゴン州政府観光局

アラゴン渓谷の東には、「オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園」が広がる。世界遺産に登録されているモンテ・ペルディード(3355メートル)から派生する四つの谷からなる。雄大なピレネーを堪能する最も有名なハイキングコースは、オルデサ渓谷を歩くルート。1000メートルの岩壁が迫りくる谷で、川の近くやブナ林を歩く。初夏には高山植物が見ごろを迎える。そのほか、登山上級者向けにはフランス国境越えの縦走や、四駆自動車で行く眺望ルートなど、さまざまな楽しみ方ができる。

オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園のトレッキング©アラゴン州政府観光局
オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園のトレッキング©アラゴン州政府観光局

アラゴン・ピレネー巡りの拠点になっているのが、カンフランクからアラゴン渓谷を20キロほど南下した谷最大の宿場町ハカだ。中心部には「スペインの五稜郭」と呼びたくなる「シウダデーラ要塞(ようさい)」がある。16世紀末、スペイン国王フェリペ2世が築かせた星形の要塞だ。周囲は草地が広がり、住民の憩いの場になっている。絶景を一目見ようと訪れる人も多いが、上から見渡せる場所は周囲にないのが残念だ。

ハカ中心部のシウダデーラ要塞。まさに「五稜郭」だ©スペイン政府観光局
ハカ中心部のシウダデーラ要塞。まさに「五稜郭」だ©スペイン政府観光局

ウエスカ県にはさらに、アラゴンで最も有名なモニュメントの一つ「ロアーレ城」がある。県都ウエスカ近郊、エブロ川の平原を見下ろすように頑強な砦(とりで)がそびえ立っている。標高1070メートル。11世紀のレコンキスタ時に建てられた、スペインでも有名な古城だ。十字軍を扱った2005年のアメリカ映画「キングダム・オブ・ヘブン」のロケ地にもなった。教会や修道院、主塔の跡が残り、城からの雄大な眺めに見とれる。

ロアーレ城©Red de Castillos y Palacios de España
ロアーレ城©Red de Castillos y Palacios de España
平原を見下ろす山腹にそびえ立つロアーレ城©スペイン政府観光局
平原を見下ろす山腹にそびえ立つロアーレ城©スペイン政府観光局
NEXT PAGE「時代」に迷い込む絶景、アラゴンの「美しき村」

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら