会議のチカラ
連載をフォローする

本当に話した方がいいこと コロナで浮上した雑談の価値

今回のテーマは「雑談」です。オンライン会議の導入で仕事の効率化は進んだが、人と人をつないできた雑談の現状はどうなっているのでしょうか。

スコラ・コンサルトは2020年8月、組織と仕事の関係に関心のある全国のビジネスパーソンを対象に「テレワーク下の雑談」をテーマにアンケートを実施。対話普及チームの若山修さんが分析した。「会社に出社していたときと比べ、職場のメンバーとの雑談機会は減りましたか」という質問に対して、回答者の64.3%が「かなり減った」と答えた。

「雑談が減って不安に思うことはありますか」という質問には、かなり不安と答えた人が20.0%、少し不安と答えた人は49.6%。雑談が減ったことで不安に思う人は約7割を占めた。

雑談の機会が減ることによって何が失われたのだろうか。「本音、感情、ちょっとした困り事の共有ができなくなる」「雑談から生まれるアイデアや気づきが得られなくなる」「仕事の方向性のすり合わせが難しくなった」「部署の枠組みを超えた相談がしにくい」といった答えが多く寄せられた。どれも、仕事の価値を高めるために大切だ。

雑談は仕事の方向性をすり合わせるのに有効な手段

若山さんは「かつての日本企業は雑談を上手に事業と組織づくりに取り入れていた」と指摘する。仕事が終わった後に飲み屋に集まり、上司と部下が仕事の課題について本音で話をする。こうした会議とは違う雑談によって、仕事の方向性についてのすり合わせが自然に行われていたことは、日本企業の強みでもあった。

本当に話した方がいいこと コロナで浮上した雑談の価値
雑談の効用は、仕事のすり合わせが自然に行われること 写真=taa22/Getty Images

雑談を通して、お互いの人間性やバックグラウンドも理解できるようになる。相手のことを知れば、相手の立場にたって考えるようになる。部門によって異なる主張をうまく「すり合わせる」という状態をつくり出すために、雑談はそのチカラを発揮してきた。若山さんが分析したアンケートの「不安」の背景には、コロナの影響で雑談がしにくくなったこともあるのだろう。

社会の変化は激しいのに組織が追いついていけない。縦割り意識、世代間の断絶、帰属意識の低下……。人間関係がギスギスして、楽しんで仕事をできる職場ではない。スコラ・コンサルトは、そんな企業の改革を支援してきた。会社にとって本当に大事なことを現場で働く社員が当事者意識を持って考え、組織の壁を越えて行動ができるようにすることを目標のひとつに掲げている。

改革の過程でスコラ・コンサルトが用いる手法が「気楽にまじめな話をする」場である「オフサイトミーティングⓇ」。連載の2回目でも紹介した。一言で表現すると、社員同士が心をオープンにして語り合い、重要で本質的な話が自然にできる関係作りをしていく場だ。「プロセスデザイナー」と呼ばれる、スコラ・コンサルトのコンサルタントが、このオフサイトミーティングの進行役を務める。

本当に話した方がいいこと コロナで浮上した雑談の価値
会議と飲み会のいいところを合わせたのが、「オフサイトミーティング」©スコラ・コンサルト

クライアントと同じ目線で考え、改革のプロセスを作り込んでいく。スコラ・コンサルトは、プロセスデザイナーとして企業の組織風土改革に取り組んできた「価値のある会議を創出するプロ」の集まりだ。

NEXT PAGE本当に話したほうがいい重要なことは、敬遠されがち

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら