リノベーション・スタイル
連載をフォローする

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り

Kさんご夫婦(夫40歳、妻37歳、娘3歳)
横浜市 / 57.34㎡ / 築30年

     ◇

横浜で新築物件を探していたKさんご夫婦。自分たちの暮らし方や予算に合う物件となかなか巡り合えず、中古物件も視野に入れることにしました。中古物件をリノベーションした友人の家に遊びに行ったり、話を聞いたりしたことが、物件選びの参考になったと言います。

そして、リノベーションするのにちょうどいい、築30年のマンションを購入。1990年代に建てられたものなので古すぎず、値頃感があります。角部屋で窓が多く明るいことも、購入の決め手になりました。

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り
テラゾータイルが印象的な玄関。スチールドアを介して外部からの光が届く

リノベーションする前は、3LDKのオーソドックスな間取り。とはいえ、LDKの隣の和室が使いにくかったり、収納が少なかったりと、暮らしにくい要素があるマンションでした。

そこで、和室は洋室にし、3歳の娘さんの遊び場にしました。引き戸で仕切れば個室にもなりますが、今は開けておいて、広めのリビングのように。子どもがのびのびと遊べる空間になるし、キッチンにいるご夫婦から子どもの姿が見えて安心です。将来は仕切って、子ども部屋にする、もしくはご夫婦の寝室にし、現在の寝室を子ども部屋にするなど、そのときの状況に合わせてフレキシブルに使うことが可能です。

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り
ダイニングの隣の部屋は、現在は引き戸を開け放ってキッズスペースとして使用。将来は娘さんの子ども部屋になる予定

少なかった収納は、大容量のウォークインクローゼットで解決。各部屋には収納を作らずに、洋服や物は、ここにしまいます。

そして、このお宅のもう一つの特徴は、ご夫婦それぞれのワークスペースがあること。Kさんは在宅ワークをする仕事ではないので、ライフワークの音楽に没頭できる部屋です。曲作りをしたり、録音をしたりと、日常を離れて1人になれます。奥様のほうは、キッチンから続くパントリーに併設された、アクセサリーを制作するスペースです。制作したアクセサリーは、オンラインで販売しているそうです。

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り
ピアノや歌が趣味のKさんは、自分だけのスタジオで音楽制作を楽しむ

夫のワークスペースはスタンダードになってきましたが、妻の専用スペースを作るお宅は、それほど多くありません。今回、奥様お気に入りのアトリエは、仕切りは壁ではなくスチールサッシにしたら、開放感がある上におしゃれな雰囲気になりました。

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り
奥様のアクセサリー工房は、お気に入りの小物を置いて作業に集中できるスペースに

ワークスペースが二つあるので、LDKは少し狭くなりました。そこで、LDKを有効活用するために、ダイニングテーブルとイスは、ごはんが食べられて、くつろぐこともできるものをセレクトしました。

Kさんご夫婦は、コロナ禍の前から、このようなプランにしたいという思いがあったそう。LDKでは家族の時間、それぞれの個室では1人の時間、家族も個人も大切にできる間取り。ちょうどアフターコロナの社会状況に合った、リノベーションになりました。これからの、新しいスタンダードの一つになりそうです。

間取りとリノベーションの写真(写真をクリックすると、次々とご覧いただけます)

Kさんご夫婦に聞く
リノベーションQ&A

Q1 今回のリノベーションで一番大切にしたことはなんですか?

物が多かったため、自分たちの持ち物に合わせ、物の定位置を決めて収納できるようにしました。そして、収納を集約させて生活動線を工夫し、子どもがのびのびと過ごせるように、リビングとして使用できる空間をできるだけ広くしました。

Q2 リノベーションのプロセスで楽しかったことは?

クローゼット、パントリー、ワークスペースなどの空間の構成を考えたことが楽しかったです。

せっかくリノベーションをするので、新築マンションにはない素材を使いたいと思いました。タイルや壁の色など素材のディテールについて考え、選ぶプロセスは、楽しい経験でした。

Q3 リノベーションのプロセスで大変なことはありましたか?

広さ57.34㎡に対して、盛り込みたい要素が多すぎて取捨選択に苦労しました。でも、空間を無駄なく使うことができました。

〈242〉夫婦それぞれのワークスペースがある、家族と個人を両立できる間取り
アクセサリー制作の工房からキッチンへ続くスチールサッシは街角のような景色をつくる

こだわりの造作部分、スチールのドアとサッシは金額が高かったのですが、インテリアの印象が変わる重要な部分だったので、採用しました。その他の部分で、金額を調整することが大変でしたが、やってよかったです。

構成・大橋史子

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら