花のない花屋
連載をフォローする

「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
三村麻衣さん 35歳 女性
会社員
大阪府在住

    ◇

73歳になる父は、今もタクシーの運転手の仕事をしながら、東京・北区の団地で一人暮らしをしています。父がこの仕事に就いたのは、私が小学生の頃。バブルが崩壊して勤めていた商社の業績が傾き、家族のために転職してからもう20年以上になります。

5年前に母が他界してからは、試行錯誤しながら家事もこなし、なんとか一人暮らしを続けています。あと1年ほどで定年を迎えますが、深夜勤務で視力・気力・体力を酷使する仕事なので、なんとか元気で無事故で定年まで勤めてほしいと、私と兄は少し心配しながら見守っています。

仕事のかたわら、1人の時間を何とか埋めようと、父は将棋とプールと卓球にも励んでいます。コミュニケーションがあまり得意ではない父は人間関係で苦労しながら、新たなコミュニティーに飛び込んでいき、今ではこうした新しい活動が楽しみな時間となりつつあるようです。

そもそも我が家は4人家族で、私は生まれた時からずっと団地に住んでいました。両親は家族のために日夜働き、母が友だちと遊んでいるところなどは見たことがありません。やがて私と兄が独立、そろそろ老後に備えて家をダウンサイジングしようと父と母は小さな団地に引っ越しました。5年前のことです。

そんな矢先、母が末期がんを宣告されました。三つの病院を転院して治療も試みましたが、わずか1カ月半で旅立ちました。「子どもたちの心配が少なくなったから、夫婦2人でこの先のお金をためようね」と父と話していた、ちょうどそんな時に突然訪れた、母の死でした。

今父は、母が遺(のこ)していったベランダの花を、大切に育てています。アジアンタム、オリーブの木、シクラメン、アジサイ……など、母が生前とても大切にしていた植物たちです。母が他界するまでは植物にさほど興味を示さなかった父ですが、入院する母から「お花の水やりよろしくね」とのメッセージを受け取ってから、ずっと植物とともに暮らしています。  

母はとうとう、病院から我が家に戻ることはありませんでした。3人別々に暮らしている父と兄と私に、母が遺した「3人仲良くね」という言葉の通り、また、いつも仏壇にお線香をあげながら母に話しかけ、けなげに生活を立て直そうとしている父にも励まされ、突然の母との別れを、なんとか家族3人で心を合わせて乗り越えてきました。

母のお仏壇には、今も父が近くのスーパーで買ってきたユリや菊を絶やさずにお供えしています。そんな父と天国の母に、私から、家族のためにがんばってきてくれた感謝を込めてお花を贈っていただけませんでしょうか。父には、我が家と母の思い出がつまったお花を守ってくれてありがとう……そんな気持ちを伝えたいと思います。

「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由
≪花材≫バラ、カスミソウ、アジサイ、グリーンネックレス

花束をつくった東さんのコメント

昭和っぽい懐かしさのあるブーケです。古き良き時代を感じてもらえるように、小花がかわいらしいカスミソウなど、普段あまりブーケには使わない花材も入れました。平凡でも、心があたたまるものが一番美しい。そんなメッセージを込めました。

アジサイはお母様が大切に育ててきたベランダに咲く花々のひとつ。その花たちの世話を託されたお父様にも楽しんでもらえますように。

今回お花のお届け先には、亡くなられたお母様のお名前もありましたね。これからご夫婦の時間を楽しもうというときに旅立たれたお母様にも、お花とともにご家族の思いが届くといいですね。

「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由
「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由
「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由
「水やりよろしくね」。父がベランダの花を守る理由

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら