花のない花屋
連載をフォローする

ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
岡田りえさん(仮名)30歳 女性
会社員
東京都在住

    ◇

彼女と初めて会ったのは、12年前の専門学校入学当時。背の高い彼女はひときわ目立っていて、人をひきつける魅力を持っているなぁと感じたことを今でも思い出します。

在学中はとくに関わりを持つこともなかったけれど、同じ会社に内定をもらい、一緒に上京してからは、彼女の身の上話をたくさん聞きました。家族のこと、昔の恋人のこと、そして持病があって入退院を繰り返していたこと……。波瀾(はらん)万丈な人生を歩んできたことを知り、平凡な毎日を過ごしていた私にとっては、「ドラマみたいなことって本当にあるんだな」と思えることばかりでした。

私は背が低いこともあり、いつも一緒にいる私たちは凸凹コンビなんて呼ばれたりしたことも。お姉さんタイプの彼女と、妹タイプの私は、性格も正反対でした。私が大失恋した時にずっとそばにいてくれた彼女を、本当のお姉さんみたいな存在に感じたこともあります。私の元気が出ないときは、「何かあった?」と、いつも気にかけてくれた。そんなふうにいつも私の面倒を見てくれた彼女には、「ありがとう」という思いしかありません。

そんな彼女と、なかなか会えない日々が続くようになったのは、7年ほど前のことです。彼女のお母さんが病気になり、看病をするために会社を退職。その後、介護が一段落したのもつかの間、今度は彼女自身が病気になってしまいました。以前から持病に苦しんでいた彼女に、また別の病魔が襲いかかったのです。

神様って本当にいるのかな。なんでいつもあの子ばかりつらい思いをしなければならないの? 彼女の気持ちを思って、私の方が何度泣いたかわかりません。それでも本人は、自分の弱さやつらさを見せず、いつも笑顔で前向きにがんばっていました。その姿は勇ましく、彼女への尊敬の念は止まりませんでした。一方でどこか弱々しいところも見えて、いつか心が折れてしまうんじゃないかと、はらはらしながら彼女のことを見ていました。

その彼女に最近、また悲しいできごとが降りかかりました。

「腫瘍(しゅよう)があるみたいで、また手術だよ」

今度ばかりは、泣きながらの報告でした。なのにその背中をさすることもできず、不安を取り除いてあげられなかったことが悔やしかったけれど、最後は「頑張ってくる!」と、相変わらずの明るさを取り戻し、無事手術を終えました。

小さい時から入退院を繰り返していた彼女は、お花とは切っても切れない縁があるそう。またモデルをしている彼女がオーディションに合格するなど、何かを成し遂げるたび、私からお花を贈っていました。

がんばったぶん、たくさんの笑顔と幸せがあるからね。落ち着いたらおいしいものをいっぱい食べに行こうね。今年は自分のために時間を使ってほしいな……今回はそんなメッセージを、手術を終えた彼女に伝えたくて、応募しました。彼女が大好きなヒマワリで、できるだけ華やかな花束を贈ってもらえたらと思います。

ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを
≪花材≫ヒマワリ(東北八重・ゴッホのヒマワリ)、オンシジウム、クレマチス、ポリゴナム

花束をつくった東さんのコメント

小さい時からさまざまな病気と闘っていらしたお友達に少しでも元気をプレゼントできればと、明るく輝くような、華やかなブーケに仕上げました。

主役を務めるのは、お友達がお好きというヒマワリ。今回は花びらが短い「東北八重」というヒマワリと、花びらの先が伸びた「ゴッホのヒマワリ」というヒマワリの2種類を使いました。そのヒマワリを囲むように使ったオンシジウムやクレマチスといった黄色系の軽やかなお花が、見る人の気持ちをもり立ててくれるでしょう。

ゴッホの絵のような力強いパワーを持った花束から投稿者様のお気持ちが届いて、お友達もこれまでの苦労が報われるような明るい気持ちになっていただけたらうれしいです。

ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを
ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを
ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを
ヒマワリが大好きなあなたに。これからたくさんの笑顔と幸せを

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら