小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」

クリーンなデザインと、チャンバーを採用するなどした高出力の追求が両立

最近、街(というか山道)で古い日本製の二輪車をみかけることが多い、ような気がする。自分が昔「いいなあ」と思っていたモデルだと眼につきやすいせいだろうか。私が好きだった1台がヤマハ「RZ250」だ。

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」
車重は139キロと軽量にまとめられている

1980年に登場したRZ250は、247cc水冷並列2気筒エンジン搭載。最大の特徴は、エンジンが2ストロークだったこと。ダッシュ力は強烈で、発売当時は、400ccモデルより速かった記憶がある。

もうひとつ、RZ250が印象的だったのは、たたずまい。デザインのよさといってもいい。

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」
ブラックはゴールドとレッドが強烈に眼をひく

ヤマハの二輪のデザインを担当してきたGKインダストリアルデザイン研究所(現・GKダイナミックス)が担当。動力部分はほぼすべて黒で塗ることで、タンクとバッテリーカバーとの対照が際立つ。タンクのカラーリングも派手でなく好感度大。

二輪のセールスが飛躍的に伸びていく80年代から90年代、GKダイナミックスはヤマハ発動機との関係を深めていく。「VMAX1200」(84年)、「SRX400」(84年)、「TZR250」(85年)、「SDR」(87年)、「TDM850」(96年)、「Road Star」(99年)と、印象に残ったバイクは数多い。

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」
タンクとバッテリーカバーに入れられたラインがスピード感をうまく演出

RZ250はなかなかオソロシイ二輪車だった。それも強烈に記憶に残っている。エンジンのほうがシャシーより速い。高回転型のエンジン、制動力がややプアなフロントブレーキ、路面からの突き上げがけっこうキツい「モノクロス」なるリアサスペンション……。このモデルに快適性を求めるひとはいなかっただろうけど。

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」
リアサスペンションは「モノクロスサスペンション」と名づけられた軽量追求構造

加えて、2ストロークエンジン。潤滑油をガソリンと一緒に燃やして、かつ触媒なしに排出してしまうこの形式のエンジンは環境適合性が低いことが、早く(1970年代)から指摘されていた。

ヤマハ自身、2ストロークエンジンは早晩なくなると、RZ発表の時点で表明していた。最後の輝きともいうべきは、80年代中盤のいわゆるレーサーレプリカ(ヤマハだと85年のTZR250)だけれど、私(たち)はRZ250が出た時点で、白煙もうもうのエンジンに未来はないなあと納得していたものだ。

強烈なダッシュ力とデザインのよさ ヤマハ「RZ250」
83年にRZシリーズの進化形といえるRZ250Rが登場

この意味で、RZは日本の二輪車の分岐点ともいうべきところにあったモデル。そのことも、二輪好きの記憶に強烈に焼き付いている理由だと私は思う。

写真=ヤマハ発動機提供

【スペックス】
車名 YAMAHA RZ250
全長×全幅×全高 2080×740×1085mm
247cc 水冷並列2気筒2ストローク
最高出力 35ps@8000rpm
最大トルク 3.0kgm@8000rpm


REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら