Presented by セイコーウオッチ
SPONSORED

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

SPONSORED
俳優・高良健吾さん

 これまでやりたくても「時間」がなくてできなかったことに挑戦する「時間」をセイコー プレザージュが提供するこの企画。

 昨年の「瀬戸内しまなみ海道」での自転車旅に続いて、俳優の高良健吾さんが再び旅立った。2日間、自然の中へ——。旅の目的は、「やりたかったことをすべて叶(かな)える」こと。とかく情報過多になりがちな日常を抜け出して、アナログな時間の流れに身を置いた高良さんは、何を感じ、どんな思いを抱いたのか。今回お届けする前編では、都会の喧噪(けんそう)から離れ、兵庫県北部の山間(やまあい)で自然をゆるりと楽しむ様子を追った。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

高良健吾さん着用の時計はこちら
SEIKO PRESAGE Sharp Edged Series

腕時計と地図。アナログなツールでドライブへ

 とある初夏の一日、高良さんが訪れたのは山間に佇(たたず)む古民家宿。やりたかったことをすべて叶える、今回の旅の拠点だ。大きな窓のあるメインルームでソファに座り、高良さんは持参した文庫本をしばし読みふける。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 「本は好きです。こんな何百円で、人の考えに触れられるなんてすごいですよね。手に取らないと出会えないような言葉だったり、生き方だったり、そういうものを知ることができる。ある意味、ちょっとした旅だと思います」

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】
セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097
俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

高良健吾さん着用モデルはこちら
SEIKO PRESAGE Sharp Edged Series SARX097

 そしてふと顔を上げ、明るい光が入り込む大きな窓から、山々を見つめる高良さん。そろそろ出発の時間だ。日常から離れるために、スマートフォンは置いていく。ルートは地図で、時間は腕時計で確認するアナログな旅の始まりだ。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 「自分は基本アナログ。家にパソコンはないし、映画館に行くときはスマホを家に置いていくこともよくあります。スマホを気にしない分、別のものが見えてくる。こういう自然の中なら周囲をよく見るようになるし、いつもと違うアンテナも張れます」。地図を眺め、腕時計に目を向けてから、高良さんは車へ乗り込んだ。

 小一時間、車を走らせて訪れたのは、歴史ある寺院。しっかりとした足取りで、初めて訪れる寺の山門をくぐる。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 寺院では本堂に上がり、庭に向かってあぐらをかく。瞑想(めいそう)、これもまた高良さんがこの日、やりたかったことのひとつだ。背筋をぴしりと伸ばし、目をつぶって微動だにしない。葉ずれの音、鳥やカエルの鳴き声が止(や)んだ瞬間は、まるで時が止まっているかのようだ。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 高良さんにとって瞑想は、ルーティンのようなものだという。

 「だいたい寝る前にやるんです。撮影している期間は日中集中しているので、寝付きが悪かったり、途中で目が覚めたりすることもあるので、眠る前にちょっと心を落ち着かせるという感じ。今日のように自然の音に囲まれた場所だと、家の中で瞑想するよりも入りやすいですね。何も考えない、無理をしない時間が過ごせました」

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

自然の揺れを感じに。日常にない、贅沢時間

 瞑想を終え、「ゴチャゴチャしていたものが整理された」と言う高良さんの次の目的地は、山中の釣り場。川に沿って続く遊歩道を、土の感触を確かめるように泰然と歩いていく高良さん。途中、足を止めて伸びをしたり、思いのままに満喫しているようだ。

 こうして自然に囲まれながら思うのは、「自分が落ち着く場所、癒やされる場所は、自然なんだ」ということ。

 「原風景が祖父母の田舎なんですよね。阿蘇と北九州の田川。きっと、そういう田舎で遊んでいた、楽しかった記憶があるんだろうと思います。自然の揺れって、見ているだけで落ち着くので、そこを求めに行っている。東京にいると、そういう揺れは風とか、上を見ないと感じられないので」

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 やがてたどり着いたのが、半径15mほどの滝壺(つぼ)。主にニジマスが釣れるという。海でのルアーフィッシング経験はある高良さんだが、川釣りは初挑戦。竹竿(ざお)にウキという組み合わせも、やはり初めて使う道具だそうだ。照れくさそうに「海ではルアーをなくしてばかりいたし、今回のやりたいことの中では一番自信がない」と言うものの、慣れた手つきで竿を操っている。

 糸を垂らし、狙うポイントを変えながら数十分。前日の雨で濁った水面がゆらめく様子を、ただ見つめながら過ごす贅沢(ぜいたく)な時間だ。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 「釣れなくても、3時間くらいは平気で過ごせますね。どれだけ時間が経ったかを確認することはあっても、苦ではないです。こうやって自然の中で過ごしている時は、時間の確認は腕時計がいいですね。それもデジタルの数字じゃなくて、針で見るっていうのがいい」

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】
セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097

 そんな話をするうちに、不意にウキが動き出した。「食いついた!」。そう思った瞬間、必死に暴れる魚の姿が。木漏れ日に輝く銀色の体はかなり大きく、高良さんもしばらく格闘したものの、魚はハリから外れて滝壺の底へと消えていった。その後すぐに再び別の獲物を捕らえるが、今度は糸が切れてしまう事態に。この装備では、少し心許(こころもと)ないようだ。

 そろそろ宿に戻ろうか……と諦めかけたところで、またもウキが躍り出す。三度目の正直とばかりに、見事釣り上げた高良さん。「今日に限らず、以前から目の前で逃がしてばかりだったけど、ようやく釣れた!」と、喜びであふれんばかりの笑顔を向けた。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

手を掛けるだけ愛着が増す。フォーマルな印象のモデル

 「1時間で3匹なら入れ食い状態」と笑みを浮かべながら、宿へと戻ってきた。本日、予定していた夕食は屋外でのバーベキューだった。しかし、天気は下り坂。焚(た)き火台に火を入れ、炎が上がり始めるころには雨も降り出してきたため、部屋の中の囲炉裏に場所を移しての食事となった。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 周囲には街灯や民家がなく、夜の帳(とばり)が下りれば辺りは真っ暗に。肉に魚、野菜も焼いて、時折、焚き火を眺めるひととき。

 「焚き火って、本当に自然の揺らぎですよね。人間が作り出せない揺れというか。それこそ波だってそうだし、空だって雲の流れだったり、風の流れだったり、それって人間が絶対作り出せない。そういう場所に身を置くことが、自分にとっての癒やしですかね」。そう語る彼を包み込むように、時間はゆったりと過ぎていく。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 この日、高良さんの腕で時を刻んだのは、「セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097」。アナログな旅によく似合う、機械式時計だ。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】
セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097
俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

高良健吾さん着用モデルはこちら
SEIKO PRESAGE Sharp Edged Series SARX097

 「機械式時計の良さは、自分がちゃんとその時計を扱っていないといけないこと。毎日見て、定期的にちゃんとメンテナンスしてあげることでより愛着が湧きますよね。耳を近付けて音を聞きながらりゅうずを巻くのも、好きな行為ですね」

 「この『セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097』は、どちらかというとフォーマルな印象でした。白文字盤は持っていなかったんですが、いいですね。スーツのようなキレイめにも合うし、幅広いシーンで使えると思いました。(白文字盤は)似合う年齢が少し上という勝手なイメージがあったんですけど、 身につけてみると、“いや、そんなことないな”って気がしました」

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

 そう言って、「セイコー プレザージュ Sharp Edged Series SARX097」に視線を落とす高良さん。「静の旅」となった1日が、そろそろ終わろうとしている。明日は一転、「動の旅」と言えるほど、バラエティーに富んだアクティブな旅となる。そちらは後編として次回、改めてご紹介しよう。

(文・石川由紀子 写真・高橋雄大 取材協力・円覚山宗鏡寺、glaminka KAMIKAWA、日高神鍋観光協会、清滝地区コミュニティセンターの皆様)

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】
PROFILE
高良健吾

高良健吾(こうら・けんご) 1987年11月12日生まれ。2006年に映画『ハリヨの夏』で銀幕デビュー。2012年『軽蔑』で日本アカデミー賞新人俳優賞、 2014年『横道世之介』でブルーリボン賞主演男優賞受賞。近年の出演作品には、2022年ドラマ『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ「地球から来た男」』、映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL「オルガン」』などがある。

俳優・高良健吾さん、日常を離れ、アナログな「時」を楽しむ旅 【前編】

高良健吾さん着用の時計はこちら
SEIKO PRESAGE Sharp Edged Series

※今回の企画は、新型コロナウイルス感染症対策を十分に講じた上で取材・撮影を行いました。

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら