いしわたり淳治のWORD HUNT
連載をフォローする

自分流にカスタマイズできる歌詞を発明した『マサキじゃないけど好き』

音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で披露するロジカルな歌詞解説が話題の作詞家いしわたり淳治。この連載ではいしわたりが、歌詞、本、テレビ番組、映画、広告コピーなどから気になるフレーズを毎月ピックアップし、論評していく。今月は次の6本。

 1 1ミリもマサキじゃないけど君が好き”(ハコニワリリィ『マサキじゃないけど好き』/作詞:Gom)
 2 “マルちゃんした。”
 3 “だまされないため、殺されないため”(東大王・鶴崎修功の母)
 4 “ぴ”
 5 “「脳の最後の抵抗」という説”
 6 “女装家”(ミッツ・マングローブ)

日々の雑感をつづった末尾のコラムも楽しんでほしい。

自分流にカスタマイズできる歌詞を発明した『マサキじゃないけど好き』

ハコニワリリィの『マサキじゃないけど好き』の歌詞が楽しい。タイトルだけを見たら意味がよく分からなかったのだけれど、聴いているうちに、こんな手があったのかと目から鱗(うろこ)が落ちた。

Aメロは「音楽に漫画に映画 同じ趣味と好みで」と、いわゆるラブソングらしい感じの歌詞で始まる。Bメロでは「理想のシチュエーション 壮大設定 運命変えるため タイムリープして そんな恋憧れて 選ばれたのはこの人です」と、Aメロを受けつつ、サブカル色強めに展開して、サビに入ると「1ミリもマサキじゃないけど君が好き 1ミリもケントじゃないけど君が好き おかしいなどこもタイプじゃないのに顔が好き」と歌われる。

ここでの「マサキ」はおそらく菅田将暉さんのことだろうし、「ケント」は山﨑賢人さんや中島健人さんといったケントという名の俳優のことを指していることは明確である。人気俳優の下の名前だけを歌詞に使うとは。すばらしい発明である。

歌の中に人の名前が出てくる歌はこれまでにもたくさんある。日本で有名なところではサザンオールスターズの『いとしのエリー』なんかがそうである。年上の世代には、カラオケで歌う時に「エリー」の部分を好きな人の名前にして替え歌をしたことがある、なんて人もいるだろう。

替え歌というのは、歌のすてきな楽しみ方の一つなので、まったくもって悪いことではないのだけれど、自分だけの世界に入りすぎた替え歌は周りが少し引いてしまう、みたいなところはあると思う。

その点、この歌はいい。自分の好きな俳優に名前を変えることで自分流にちゃんとカスタマイズできて、それでいて聴いている周りの人たちも引くことなく、ただただ楽しめる。とても機能的な歌だなと思う。

自分流にカスタマイズできる歌詞を発明した『マサキじゃないけど好き』

5月21日放送のテレビ朝日『電脳ワールドワイ動ショー』世界のグルメスペシャルの回でのこと。メキシコの屋台で売られているチョイ足しカップ麺が紹介されていた。市販のカップ麺を開封して、二回りくらい大きいカップに中身を移し、そこに湯と一緒にコーン、カレーパウダー、マヨネーズ、粉チーズ、調味料などを大きめのさじで大雑把に、ちょっと入れすぎじゃないかというくらい入れていく。日本円で約580円だそうだ。

メキシコでは日本の即席麺が人気なのだそうで、中でもマルちゃんが人気があるのだという。「議会がマルちゃんした」と言えば、早く終わったという例えに使われるほど「マルちゃん=すぐ出来る(早い)」というイメージが定着しているらしい。と、書きながら、だんだん口がラーメンの口になってきた。この原稿をマルちゃんしてマルちゃんを食べることに決めた。

自分流にカスタマイズできる歌詞を発明した『マサキじゃないけど好き』

6月4日放送のMBS毎日放送『有田哲平の全部見せます!』でのこと。東大王・鶴崎修功さんが実家の自分の部屋の物をすべていったん持ち出して、床に並べて見せていた。一般的な広さの子供部屋だが、出してみると結構な物の量がある。

お母さんはこれまで、「知識が増えることにつながるものは無条件で買ってあげるが、それ以外のものは子供にプレゼンをさせて、それで親が納得したら買ってあげる」というルールで物を買い与えて来たのだという。様々な子育てにまつわる話の中で、一番印象的だったのは、小学一年生の時に「勉強はどうしてするのか」ということを教えた話で、お母さんいわく「勉強するのは、だまされないため、殺されないため」だという。「ものを知っているということは、そういうことを回避できるということ」なわけで、危険なシチュエーションに巻き込まれても生きていけるような知識を豊富にしておくことが勉強なのだと話していた。

子供に何か大切なことを教えようとしても、長い言葉で説明したのでは、半分以上聞いていない。だからといって短い言葉で伝えると、ことの重要さがいまいち伝わりにくく、「はい、はい」と流されることも多い。

その点、短くてインパクトが強い言い回しで、思いがけない角度から真理を突く、お母さんの言葉はとても有効ですてきだと思った。こういう言葉を思いつく人なのだから、きっと普段の何気(なにげ)ない会話も、子供にいい刺激を与えられていたに違いないだろうなと思う。

人は「だまされないため、殺されないため」に勉強するのなら、大人になったらだまされても殺されてもいいわけではないので、つまりは一生涯勉強をし続けるべきなのだなと改めて思う。

NEXT PAGE「ぱぴぷぺぽ」は盲点だった

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら