永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(167) 日暮れが迫る、時間勝負の撮影 永瀬正敏が撮った台湾

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回も台湾の金門島で撮影した一枚。映画撮影中、ぬかるんだ海岸をものともせず作業する人たち。どういう状況なのでしょうか?

(167) 日暮れが迫る、時間勝負の撮影 永瀬正敏が撮った台湾
©Masatoshi Nagase

映画はスタッフ・出演者の誰一人が欠けても成立しない。
僕は俳優も映画撮影の一部署、
他のスタッフの皆さんと同じ俳優部の一員だと思っている。

前回も少し同じようなことに触れたが、
映画はスタッフの皆さんの並々ならぬ努力の上に成り立っている。
しかも全ての現場が恵まれているわけではない。
ふんだんな時間やさまざまな物をかけて制作できる映画は、
ごくごく一部に過ぎない。
ほとんどの作品は、潤沢な時間と予算をかけられない分、
それぞれの部署のスタッフさんのマンパワーとアイデアで乗り切る。
監督のイメージする作品に少しでも近づけようと、
また、そのイメージを超えたものにしようと日々努力し撮影に挑む。

この時も、今や中華圏で売れっ子となった台湾の女性撮影監督ユー・ジンピンさんが、あるシーンでじっと海を見つめていた。
このシーンに合ったカメラアングルを探していたのだ。
そして靴と靴下を脱ぎ捨て、引き潮でぬかるんだ浜辺の中を、
ズンズン突き進んでいった。
前回書いたカメラアシスタントの女性もその後に続く。
そして、僕らからかなり離れた場所で、彼女はアングルを決めた。
二人はまた急いで機材の方へ戻り、先ほど決めたポイントへと向かう。
記録係も兼ねていたスタッフがその後を追った。

だんだんと日暮れが近づいている、時間勝負の撮影だ。
その日の出番を終えていた僕は、そんな彼女らの姿をスマホで撮影し続けた。

この中国・台湾・日本の合作映画「ホテルアイリス」。
この作品は撮影が終了した後もしばらく情報公開できないでいた。
劇場公開が決定するまでかなりの時間を要した。
今現在も僕が出演させていただいた、そういう作品たちが何本もある。
さまざまな事情が絡み合っているのも映画だ。

ただ、映画は観客の皆さんに観(み)ていただいて初めて成立する。
いくら作品が出来上がっていたとしても、
それまでは永遠に未完のままなのだ。
未完のままで劇場公開できずにいる作品たちの、
素晴らしいスタッフ・出演者の思いも、
早くスクリーン越しに皆さんに伝えられる日が来ることを切に願っている。

(台湾・金門島にて スマートフォン撮影)

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら