リノベーション・スタイル
連載をフォローする

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい

Hさんご夫婦(夫40代、妻30代)
横浜市 / 築40年 / 63.85㎡

     ◇

旅が大好きなHさんご夫婦。羽田空港の近くに住むのもいいかなと考え、物件選びをスタートさせました。蒲田、川崎、鶴見と周辺エリアを探しましたが、条件に合う家には出会えませんでした。

そこで、思い切って横浜エリアも含めて再び探したところ、ぴったりの家を購入できました。最寄り駅は横浜駅から電車で10分ほど。都心へのアクセスも良く、葉山、逗子など海へも近い、今、注目されつつあるエリアです。

駅から徒歩10分ほどで、広さは63.85㎡。窓がたくさんあって明るく、さらに広めのルーフバルコニーもありました。都内や湘南エリアよりも価格がリーズナブルなのも魅力です。

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい
モザイクタイル張りのキッチンは、カウンタースタイルにすることでリビングとのつながりをもたせた

今回のリノベーションのコンセプトは「旅する住まい」。コロナ禍が落ちついてきたとはいえ、まだまだ自由に旅をするのが難しい状況です。そのようなこともあり、旅の記憶と一緒に暮らしているような住まいを考えました。

具体的には、用途に合わせた個室を作って、それぞれ旅をしているようなイメージで、壁、天井を、カラフルにペインティング。国や街は決めすぎずに、少しラフに。旅のワクワク感を大切にしました。

LDKは、壁の色をグリーンにしました。大きめの窓の外には広めのルーフバルコニーがあり、日差しがたっぷり入る日当たりのいい空間。床には大きめの観葉植物を置き、天井からは小ぶりのものをハンギング。植物が映えるように、黒いダイニングテーブルを置き、赤い雑貨を飾りました。イメージはロンドン風、ブリティッシュ・グリーンです。

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい
セカンドベッドルームはイエローに

そして、LDKの向かいにあるセカンドベッドルームの壁はイエローです。照明、雑貨、ファブリックもそれに合わせてコーディネート。今は、漫画を置いて読書部屋にしたり、友人が泊まりに来たときの宿泊部屋として使ったりしています。将来は、子供部屋にする予定です。

この部屋の中に、ウォークインクローゼットがありますが、こちらは壁、床がレッドです。床はカーペットを敷いたのですが、レッドの面積を広くして、ハッとする空間に仕上げました。

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい
玄関の土間空間は夫婦が好きなブルーをたくさん使った

玄関の土間は、ブルーです。DIYが好きな2人が、自分たちで完成させたいと希望したので、リノベーション直後は壁がブルーの、がらんとした空間でした。2人で棚をつけて家具や雑貨を置き、まるで洋服屋さんのように仕上げました。靴、アウター、夫のコレクションであるフライターグのバッグなどの収納場所としても機能しています。

同じブルーを使いつつも、配色に工夫を凝らしたのがトイレです。青に赤と白を加え、ロンドンの地下鉄をイメージした配色に。壁には路線図を飾り、物置は網棚にするなど旅先の乗り物を表現しています。

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい
トイレの色は玄関とは少し違う色味のブルーを使用し、ロンドンの地下鉄の路線図を飾る。玄関入ってすぐのサニタリーは外出前後にスムーズに寄れるようにデザイン

LDKの奥にあるワークスペースは、あえてホワイトにしました。さらに、その先にある寝室は淡いブルーで、家具や雑貨も必要最小限にした、シンプルな空間です。他の部屋との違いを楽しめます。

色をたくさん使いたいときは、どんな雰囲気にしたいのかを言葉で表現するといいですね。Hさんご夫婦のようにキーワードを旅と決め、国や街をイメージしながら相談できると、私たち設計する側もわかりやすいです。他にも、映画や音楽、ファッションなどでも。世界観を共有できると、希望通りのリノベーションになると思います。

間取りとリノベーションの写真(写真をクリックすると、次々とご覧いただけます)

Hさんご夫婦に聞く
リノベーションQ&A

Q1 今回のリノベーションで一番大切にしたことはなんですか?

働き方の変化で家にいる時間が多くなり、毎日過ごしても飽きない、いつでも旅の途中のような気持ちになる異国情緒を大切にしました。部屋ごとにペイントする色を複数採用したり、床もタイルをメインにしたりすることで具現化できた気がします。

Q2 リノベーションのプロセスで楽しかったことは?

玄関からそれぞれの国に旅に出るようなイメージの部屋作りをしたので、出来上がりを想像しながら色や材質を検討するタイミングが、一番気持ちが高揚しました。

〈245〉カラフルな部屋で毎日が楽しくなる! “旅する”住まい
寝室は淡いブルーを選んだ

Q3 また、プロセスで大変なことはありましたか?

コロナ禍ということもあり、ショールームがお休みのケースも多く、現物の確認が取りづらかったです。これは、この時期特有の大変さでした。

また、現地で確認しなければ発覚しにくい懸案事項もあるので、ブルースタジオさんと相談しながら進めました。自分たちの生活動線など“行動”の可視化・言語化は、意外に難しい作業だと感じました。

構成・大橋史子

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら