小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」

車名は風にちなんだものでマセラティの伝統

SUVにF1エンジン? マセラティが発表・発売した新型SUV「グレカーレ」の最上級グレードには、F1由来の技術であるプリチャンバー燃焼システムをそなえたV6エンジンも用意される。

グレカーレには近い将来、ピュアEVバージョンも登場する。そう発表するいっぽうで、副燃焼室を設けて燃焼効率を向上させ、効率よくパワーを生み出すという、パワフルなエンジンを自慢する。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
「毎日が格別」がコンセプトだという

マセラティのスポーツモデル、MC20でさきにお披露目されたエンジンだが、グレカーレの場合は一般的なウェットサンプ(エンジン下部のオイルパンを使って潤滑油を回す方式)であり、かつ、気筒休止システムもそなえる。

EVとこのV6、どっちがマセラティの未来?と確認したくなるが、いまは移行期と考えるべきなんだろうか。マセラティのダビデ・グラッソCEOに計画を尋ねたときは「将来は完全にBEV(バッテリー駆動のピュアEV)に移行します」との答えが返ってきた。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
上位モデルに標準のエアサスはGTではオプション

なにはともあれ、グレカーレ、乗って楽しいクルマなのだ。私がドライブしたのは(残念ながらというべきか)上記V6エンジン車でなく、2リッター4気筒モデル。「GT」なるグレードで、最高出力は221kW(300ps)、最大450Nmと、充分すぎるほどのパワーをもつ。マイルドハイブリッド化されているので、発進からしてかなり力強い。

どう楽しいかというと、ハンドリングがいい。もうすこし厳密にいうと、スポーツカーを思わせるように、足まわりの設定がびしっと固められているところが、このクルマのキャラクター。カーブでの車体の傾きは少ないし、加速や減速時に車体の前後どちらかが必要以上に沈みこむ感覚もない。

ひとまわりサイズが上の、既存のSUV、マセラティ・レヴァンテは、グレードにもよるけれど、全体的にもうすこし足まわりの設定をソフトな方向に振っている。それはそれで、いいかんじであるので、二つのSUVをうまく作り分けていると考えればいいのだろう。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
レヴァンテより約120ミリほど全長が短い

グレカーレGTで走ったのは、モデナの山間部とアウトストラーダと呼ばれる高速道路。そんなに高い山はないようだけれど、けっこう屈曲している。近くには、一帯の自動車メーカー(フェラーリやランボルギーニ)がテストドライブに使うコースもある。

今回私は、ランボルギーニの新型車、クンタッチLPI 800-4と遭遇してビックリ。でもどのメーカーのテストドライバーも仲がいいようで、駐車場で会うと、「どう、今回の新車は?」なんて話をしている。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
特注サービス「フォーリセリエ」が手がけた「火星からの注文」

グレカーレに話を戻します。ダッシュボードまわりは電子化が進んでいる。ギアのセレクターボタンまで液晶モニターのなか。大丈夫かいなと思わないでもないけれど。走り出すときはモニター内で「D」を選んでおいて、あとはステアリングホイール背後から“生えている”マニュアルシフト用のパドルでギアのアップとダウンを行えば、かなり楽しい気分で走れる。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
12.3インチと8.8インチの液晶を使い操作はタッチがメイン

マセラティのグラッソCEOは、「これからマセラティは気合いを入れてクルマを開発し、スポーツカー作りはイタリアじゃなきゃ、というかつての栄光を取り戻す」と意気込みを語っていた。イタリアの自動車メーカーのひとたちは、私たちが思う以上に一体感が強いのかもしれない。

ダッシュボードは、物理的なスイッチが減ったぶん、すっきりした印象だ。「スポーツカーのように、ドライバーの視界を遮るものがないことを心がけた」。マセラティでデザイン統括をするクラウス・ブッセ氏は解説してくれた。

太めのグリップのステアリングホイールに、エンジンの始動ボタンと、ドライブモードのセレクターがそなわるので、基本的にドライバーは、運転中に手を離さず、目線も移さず、ドライブモードを選ぶことが出来る、とやはりブッセ氏は説明。このあたりのこだわりは、フェラーリやアルファロメオとも共通するものがある。

全長4846ミリのボディサイズは比較的余裕あるもの。ホイールベースも2901ミリとけっこう長めだ。おかげで後席スペースも広々としていて、ファミリーにもよさそう。自分のために買ったら、ひとりでも楽しめそう。そういうクルマである。

スポーツカーを思わせる力強さ 乗って楽しいマセラティ新型SUV「グレカーレ」
2901ミリのロングホイールベースで室内は広い

マセラティジャパンが販売するグレカーレ「GT」は862万円、基本的に同じ2リッターエンジンのパワーを224kWに上げた「モデナ」が1046万円、390kWの3リッターV6「 トロフェオ」が1395万円。BEV(ピュアEV)の「フォルゴーレ」は追って発表される。

写真=Maserati SpA

【スペックス】
車名 Maserati Grecale GT
全長×全幅×全高 4846×1948×1670mm
1995cc 直列4気筒ガソリン 4輪駆動
最高出力 221kW@5750rpm
最大トルク 450Nm@2000〜4000rpm
価格862万円

REACTION

LIKE
COMMENT
1
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら