小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」

時速40キロまでは電動での走行も可能

ハイブリッドカーも、フランスが作ると、ひと味ちがう。2022年になって、続々と日本に入ってきたのが、ルノー製のハイブリッド。SUV「アルカナ」に続き、ハッチバック「ルーテシア」にも、「E-TECH(イーテック)ハイブリッド」なるモデルが追加され、22年6月30日に発売された。

ルノーのハイブリッドの妙は、1.6リッターエンジンと電気モーターによるハイブリッドのパワートレインに加え、高速での巡航を視野に入れた多段変速機にある。その結果としての燃費も重要だ。

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」
レーンキープアシストやシャークアンテナが専用装備

従来の日本製ハイブリッドは、変速機に頼らない。そのため、システムの効率が向上したり、軽量化に貢献したりとメリットはあるものの、高速での頭打ち感が欧州では嫌われている、とはルノーの弁。

ルノーは、たんに変速機を採用しただけではない。クラッチやトルクコンバーターを廃し、出力側のギアと駆動側のギアをダイレクトにつなげるドグクラッチを使ったのだ。それで、高速でも伸びのよい、快適な走行ができるようにしたというのが、メーカーの強調ポイント。

ルーテシアE-TECHハイブリッドは、67kWの最高出力と144Nmの最大トルクをもつエンジンに、205Nmの最大トルクをもつモーターを組み合わせた前輪駆動。基本はさきに出たアルカナと同様だ。

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」
パッケージオプション「レザーパック」装着車

ルーテシアE-TECHハイブリッドは、しかし、アルカナとあきらかに一線を画すキャラクターをそなえている。ひとことでいうと、よりキビキビと走る。ダッシュの鋭さとカーブでの身のこなし。ドライバーとの一体感をより強く感じさせてくれるところがよい。

一体感には、つまりハンドルを切ったときの、応答性のよさと、ダイレクト感の高さが大きく寄与していると私は感じた。アルカナをことさら下げるつもりはないけれど、あちらはSUVという性格もあるのだろうか、小さなカーブを走り抜けようというときの動きをややもっさりと感じたのも事実。

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」
7インチのスクリーンで運転モードなどを選べる

ルーテシアE-TECHハイブリッドは、軽快な動きと、ハイブリッドシステムによる素早い加速性が、うまくバランスされていて、よく出来ているなあと感心させられる。高速の料金所を出るときなど、不用意にアクセルペダルを強めに踏み込むと、加速のあまりのよさに一瞬驚かされるほどだ。

乗り心地も、かといって、犠牲になっていない。サスペンションシステムの設定も、スポーティに振っていて硬すぎるなんてこととも無縁。そりゃあ、フワフワではないものの、なかなか上手にいいかんじの着地点を見つけていると思う。硬すぎず、やわらかすぎず。

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」
前席下への足入れも出来ておとなに充分な広さ

ルノーもピュアEVの開発に余念がないはずだが、ハイブリッドでも頑張っているところが、興味深い。

「ピュアEVに完全に舵を切ってしまうのは不安。なにしろ欧州の自動車メーカーは、いまもエンジン車の開発に余念がないですから」とは、私が聞いた、日本の自動車メーカーのエンジニアの言。ルーテシアE-TECHハイブリッドなんか、その証左かも、と私は思ってしまう。

ひとつだけ記しておくと、ハイブリッドにも弱点があるという。長い区間にわたって高速を走っていると、やがてバッテリーが空になり、エンジンだけの走行ではややパワー感に欠けてくる場面もあるとか。排気量がもうすこし大きければいいんだろうか。

日産自動車のまもなく日本でも量産車に搭載する予定の「VCターボ」という可変圧縮比エンジンを融通してもらえれば、さらに使い勝手が増すかもしれない。今回の1.6リッターエンジン自体、ベースは日産とのアライアンスで開発されたものである。コストの問題は残るとしても、「VCターボが載ったら最強なのに」と妄想をたくましくしてしまった。

軽快な動きと素早い加速性 独自のハイブリッドモデル登場 ルノー「ルーテシア」
スタイリングも人気の理由という

従来の、1.3リッターエンジンのルーテシア・インテンスも併売される。96kWの出力と240Nmのトルクをもち、実際の走りもなかなかのものだ。ハイブリッドはそれを上回るパワーで、ルーテシアの走りのよさをより強く引き出しているといえる。

ルーテシアE-TECHハイブリッドの価格は、329万円から。そうそう、大事なことを書き忘れていました。メーカー発表の燃費は、リッター25.2キロ(WLTC)と驚異的なもの。高速ではさらに伸びる。アルカナの22.8キロを上回る数値で、これも環境適合性の高さと評価したい。

写真=筆者撮影

【スペックス】
車名 Renault Lutecia E-tech Hybrid
全長×全幅×全高 4075×1725×1470mm
1597cc 4気筒+ハイブリッド 前輪駆動
最高出力 67kW@5600rpm+36kW(モーター)
最大トルク 144Nm@3200rpm+205Nm(モーター)
バッテリー容量 1.2kWh
価格 329万円

REACTION

LIKE
COMMENT
1
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら