永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(172) 街のイメージにぴったりの場所で 永瀬正敏が撮った香港

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回も香港で撮った一枚です。永瀬さんが自分の中で作り上げていた香港のイメージ通りの場所で、カメラを構えたところ……。

(172) 街のイメージにぴったりの場所で 永瀬正敏が撮った香港
©Masatoshi Nagase

その国や場所にうかがう前に、
自分の中で勝手なイメージが構築されていたりするものだ。
以前イランへうかがった時の話も書いたが、
事前のイメージがあっけなく覆される国もあれば、逆にぴったり一致する国もあったりする。

僕の香港のイメージはほぼスクリーンで見た映画の世界の中で作られていた。
一連のクリストファー・ドイル撮影監督が切り取った、ウォン・カーウァイ監督の作品や、ジャッキー・チェンさんの作品、その他、数多くの香港映画から、勝手に僕はイメージを作っていた。

重慶大厦(Chungking Mansions)。
九龍・尖沙咀(チムサアチョイ)の彌敦道(ネイザンロード)に面して建つ複合ビル。
ウォン監督の「恋する惑星」の舞台になった場所でもある。
まさにこの場所が、僕のイメージしていた香港にぴったりの場所だった。
ビクトリア・ハーバーの100万ドルの夜景よりも、
何よりもこのある意味猥雑(わいざつ)な感じの匂いが漂うビルが。
多様な商業施設や宿泊施設、レストランなどが密集し共存しているこのビルには、
それこそさまざまな人種の方々が出入りし、行き交い、にぎわっていた。
日の当たる場所には鮮やかな色のポスター(?)が何重にも貼り重ねられ、
暗部には常夜灯(青緑色が強い蛍光灯)の光とネオン……。
この感じが何とも僕が思い描いていたイメージにぴったりだったのだ。
改めて自分は今香港の地に立っているんだな、と実感していた。

道を挟んだ向かい側から、カメラを構える僕に、
赤ちゃんを胸に抱えた男性と、スーツに身を包んだ男性が気付いた。
たった二人だけ。

その瞬間、物語が動き出すような気がした。

REACTION

LIKE
COMMENT
7
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら