いしわたり淳治のWORD HUNT
連載をフォローする

アイドルならではのドキドキを提供する『僕に大切にされてね。』

音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で披露するロジカルな歌詞解説が話題の作詞家いしわたり淳治。この連載ではいしわたりが、歌詞、本、テレビ番組、映画、広告コピーなどから気になるフレーズを毎月ピックアップし、論評していく。今月は次の6本。

 1 僕に大切に どうか、大切にされてください。”(Snow Man『僕に大切にされてね。』/作詞:SHIROSE from WHITE JAM)
 2 “うちの親、ようおごってくれたなあ。”(さらば青春の光 森田哲矢)
 3 “この人と結婚かなと思ったらゴルフに行った方がいい”(ずん 飯尾和樹)
 4 “いや、イケるっしょ”(ゆうちゃみの母)
 5 “チャンスなのにピンチのような感じ”(中日ドラゴンズ 立浪和義監督)
 6 “女性が怒っている時って、泣いてるって思った方がいい”(貫地谷しほり)

日々の雑感をつづった末尾のコラムも楽しんでほしい。

アイドルならではのドキドキを提供する『僕に大切にされてね。』

ラブソングというのは「愛してる」をどう言い換えるかのコンテストのような側面がある。ウルフルズは「バンザイ 君に会えてよかった」と歌い、MISIAさんは「You’re everything」と歌い、Rakeさんは『『愛してる』の言葉じゃ 足りないくらいに君が好き」と “愛してる”の言葉を踏み台にして愛を歌った。

どれも違う言葉だけれど伝えたい想いは同じである。そして、このコンテストは時が経てば経つほど作品が積もっていくので、他の人とかぶらない表現を見つけるのがどんどん難しくなっていく。

Snow Manの新曲『僕に大切にされてね。』の歌詞が新鮮だ。サビで「僕に大切に 僕に大切に どうか、大切にされてください。」と歌われるのである。今までに聞いたことのない、それでいて誰もが一聴して意味のわかる、何とも不思議な響きのラブソングだ。こんな言い回しで「君が好きだ」を伝えることができるなんて考えたこともなかった。
 
歌詞全体もアイドルの歌としてはかなり攻めている。深夜2時、明かりの消えた部屋に二人きり、君は僕のパジャマを着て、同じ毛布に入る。そんなドキドキするシーンがリアルに時間経過とともに進んでいく。心の声、思わせぶりなセリフ、かけひき。曲の始まりから最後までエンターテインメント性が高くて楽しい。歌でこういうドキドキを提供できるのは、アイドルならではだなとあらためて思った。

アイドルならではのドキドキを提供する『僕に大切にされてね。』

6月19日放送のテレビ朝日『オードリーと選の夜』でのこと。東京の一等地パーキングに高額料金を払って駐車した理由は何なのかを聞き込みしていた。東京には10分で600円といった信じられない料金設定のコインパーキングがたまに存在する。この取材で多かった理由は、お金より時間が大事だから、高額と知らずに停(と)めてしまった、会社が払うので問題ない、といったものだった。そのVTRをスタジオで見ていたさらば青春の光の森田さんは、自身が芸能事務所の社長を務めているだけあって金銭感覚はシビアなようで、「(自分は)独身なんで、子供いる人に思うのが、子供のこと全部おごんねやって。飯代とか、服代とか、えっ、中学とか、全部おごんの? すげえなって思って。だから考えたらうちの親、ようおごってくれたなあって」と笑って言った。
 
確かに言われてみれば、子育てにかかるお金のほとんどは親のおごりである。よく先輩が後輩におごる時などに、いくらおごってもらえる気でいたとしても、後輩が会計の時に財布を出して払うポーズくらいは取らないと腹が立つ、というような話を耳にする。ということは、子供は親にいつもおごってもらっているのだと考えた場合、会計の時に自分の財布を出すふりをするところまで教えるのが教育というものかもしれないなと、ふと思った。いや、そんな親子、嫌だけれど。

アイドルならではのドキドキを提供する『僕に大切にされてね。』

7月6日放送のテレビ東京『あちこちオードリー』の「私の教訓どうですか? 芸能界が生きやすくなる参考書を作ろう」の回でのこと。ずんの飯尾さんが「年下のスタッフからの評判が悪い人とは距離を取った方がいい」と話し、「あと、ゴルフをやるようになったら、キャディーさんに対する態度を見た方がいいね。(本性が)剥(む)き出しになるから。ゴルフなんて、自分でクラブ選んで、自分で振るわけだから、全部自分のせいなのよ。それをキャディーさんに“(このクラブは)違ったよ”みたいに(乱暴に)渡す人は怖い。いずれ剥き出しになるから、こっちに。だから、将来この人と結婚かなと思ったら、ゴルフ行った方がいいよ。ゴルフの後半のキャディーさんへの態度は5年後の自分への態度と一緒だから」と言った。私はゴルフはしないけれど的を射ているような気がした。

私は音楽業界に身を置いているけれど、生き抜く上で何か教訓めいたことはあるだろうか。一つ思い当たるのは、自分の感想をちゃんと言える人は出世している気がする、ということである。誰かが作った音楽を聴いた時に、少しぐらい的外れなところがあったとしても、臆せずに自分の感想を言える人は、音楽にこだわりと強い想(おも)いがある人だから、そういう人が出世していくのは自然なことなのかもしれないなと思う。

自分の感想がちゃんと言える。それは音楽に限らずどの業界でも大切なことだと思う。考えてみれば私たちの日々の会話だってほとんどは感想である。何かを食べる、何かを買って使う、誰かと会って話を聞く、私たちはその度に何かしらの感想を口にしている。その感想を上手(うま)く言える人が人気者になっているような気がする。

NEXT PAGE人生の時間の節約になる“ポジ変”

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら