小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展

国指定重要文化財の武雄温泉の「楼門」前にて

ボルボとチームラボがコラボしたアート展が、九州・佐賀で開催されている。自然(環境)と時間を主たるテーマに、武雄温泉ちかくの50万平米におよぶ「御船山楽園」をアート空間に変えたもの。

チームラボが手がけたアート展は、日本各地で人気を集めているので、一度は見たことあるって方もいるのでは。私が出かけたのは、2022年7月15日から11月6日まで開催される「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
光が結晶化してできた有機体のような存在が統合と分裂を繰り返して動いている「生命は結晶化したうごめく光」

ここでは、古代からの森の一部を改造した庭園を舞台に「デジタルテクノロジーによって“自然が自然のままアートになる”」(チームラボ)というように、音と光と画像をメインにしたインスタレーションが楽しめるのだ。

ボルボのためにチームラボが手がけたのは、「生命は結晶化したうごめく光」と題されている。ピュアEV「ボルボC40リチャージ」の実車と、「環境現象」とチームラボが呼ぶ作品が合体している。

具体的には、車両が置かれた水たまりに、結晶模様が映っている。水たまりの周囲とか、あるいはその中に足を踏み入れたのが感知されると模様が変化する。「作品は作品自体で存在せず(鑑賞するひとの存在が影響する)」というコンセプトのようだ。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
「廃墟の湯屋にあるメガリス」は花が咲きしぼむサイクルと、水の流れが映しだされ、鑑賞者が近づくとパターンが変化

チームラボは電気と光を自然環境のなかに採り入れて作品をつくる。2030年までにすべての新車を電気自動車にし、2040年までにクライメートニュートラルを達成することを目指すというボルボにとって、C40リチャージを使った今回のアート作品は「自然とテクノロジーの融合による新しい体験」(ボルボカージャパン)という点において、通じ合うものがあるのかもしれない。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
「グラフィティネイチャー – 廃墟の湯屋に住む生き物たち、レッドリスト」は絶滅危惧種の生物が鑑賞者の動きに反応

そもそも、C40リチャージのよさはどこにあるか。ひとことでいうと、気持ちのよさだろうと私は思っている。広々とした室内空間をもつクロスオーバータイプの車型であり、同時に加速感と、低重心による操縦安定性など、電気自動車のメリットをじつにうまく取り込んでプロダクト化しているのだ。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
2700ミリのホイールベースをフルに使い上手なパッケージングで広い室内が実現

比較的大容量のバッテリーと、トルクたっぷりのモーターで前後輪を駆動。それだけにアクセルペダルを軽く踏んだだけで、めざましい加速を味わわせてくれる。スポーツカーなみのスピードも維持できるとボルボが言うのもわかる。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
インフォテイメントシステムはグーグルのアプリがいろいろ使える

私は、福岡空港で、C40リチャージをピックアップして、上記アート展が開催されている御船山楽園までの約85キロを走った。終始安定していて疲労感はまったくなし。足まわりはやや硬めの設計で、そのぶんステアリングホイールを切ったとき、車体の傾きは抑えられていて、スポーティと感じる。

自然とテクノロジーの融合 ボルボとチームラボがコラボしたアート展
「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」は11月6日まで開催(鑑賞時間は夜がお勧め)

ボルボ本社では、各パーツの製造、物流を含めて、車両生産に関連する過程で発生する二酸化炭素の量をチェック。車両を走行距離20万キロまで使用した際に排出される二酸化炭素は、どんな資源で発電されている電気を使っていようと、たとえば、ガソリンエンジンのボルボXC40より小さいとされる。

環境適合性がより高く、かつドライバビリティが高い。つまり、運転が楽しい。C40リチャージ・ツインモーターは、自動車好きにしっかりアピールする内容を持っているのだ。

写真=安井宏充/ボルボカージャパン

【スペックス】
車名 Volvo C40 Recharge Twin Motor
全長×全幅×全高 4440×1875×1595mm
電気自動車 モーター×2 全輪駆動
最高出力 150kW+150kW
最大トルク 330Nm+330Nm
バッテリー容量 78kWh
航続距離 485km(国土交通省審査値)
価格 699万円

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら