小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」

ラージサイズのSUVとしてフロントマスクのイメージも刷新

どの自動車メーカーも、ラインナップのフル電動化を急いできたように見えていた。ところが、ここにきて、ちょっと待てよ、立ち止まって冷静に考えよう、というのがマツダ。2022年9月に発売開始される新型SUV「CX-60」は、なんと新開発の直列6気筒エンジン搭載なのだ。

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」
写真は「プレミアムスポーツ」というグレード

なんでいまさら、新開発のエンジン。しかも6気筒で、しかも3.3リッターもの比較的おおきな排気量……。フツウに考えると疑問だらけの新モデルといえないこともないが、じつは、低炭素社会実現のためのマツダならではの回答だそう。

「ピュアEVがサステナビリティ(地球環境持続可能性)のための唯一の解みたいに言われていますが、いっきにすべての車両をピュアEVにはできません。いっぽう、私たちは生き残りのために売れるプロダクトも作らなくてはなりません。それに対するひとつの解が、今回の『CX-60 e-SKYACTIV-D(イースカイアクティブ・ディー)』です」

このクルマの開発を指揮したマツダの和田宜之主査は上記のように、開発意図を語る。

これまで、6気筒エンジンといえば、メルセデス・ベンツ、BMW、ランドローバーなど、いわゆるプレミアムブランドが好んできて、スムーズに高回転域まで回転が上がる気持ちよさが身上だった。

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」
「プレミアムスポーツ」に用意される内装「タン」はブラックとのコンビネーション

マツダの直列6気筒エンジンはすこし違った理念で開発されたようだ。

「自社内ではラージ商品群なる大きめサイズのSUVという新ジャンルに挑戦するため、ストレスなく走るために550Nmの最大トルクが必要でした。でも4気筒でこれだけのトルクを得るためには排気量を3リッター以上にしなくてはなりません。そうなると、振動が大きくなったりとネガが出てきます」

直列6気筒は、いっぽうで、回転特性から振動が出にくい。マツダの開発陣も、無理矢理4気筒を大排気量化して、振動を打ち消すためにバランスシャフトを追加して……などという手間よりも、最初から6気筒化を選択した。

バランスシャフトがないぶん軽量化を実現。さらに8段オートマチック変速機も新開発して、これまでのトルクコンバーター式のように粘性の強いオイルを介してギアをつなげるのでなく、直接ギアを噛(か)み合わせる新方式を採用。これで燃費がよくなり、軽量化にも寄与しているそうだ。

はたして、「CX-60 e-SKYACTIV-D」の燃費はリッターあたり21.2キロ(WLTC)。先日乗った軽自動車のスズキ・スペーシアベースが、各部の軽量化と省エネタイヤで21.2キロを実現したと胸を張っていただけに、CX-60の数値は驚きだ。

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」
腰の部分をしっかり支えることで乗員の姿勢安定をはかる設計のシート

全長4740ミリ、全幅1890ミリ、全高1685ミリで、車重1.8トン前後のボディに、全輪駆動システムの組み合わせ。ふつうは燃費がよくなさそうなスペックスだ。

CX-60のディーゼルモデルは、各部の軽量化と、新設計のピストン採用で燃焼効率を向上させるとともに、エンジンのトルクが薄い部分を補うマイルドハイブリッドシステム採用と、アクセルペダルから足を離すとエンジンを駆動系から切り離すなど、燃料消費の低減を徹底。その結果がこの好燃費なのだ。

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」
2870ミリのロングホイールベースのおかげで後席スペースはたっぷり

私が乗ったのは「XD-HYBRIDプレミアムスポーツ」なるグレード。走りは、力強い。エンジンはドイツの競合のように一気呵成(かせい)に高回転域まで回るタイプでないが、1500rpmあたりから体感的なパワーがモリモリ出るので、充分キモチよい。

加速性はいいし、ブレーキもよく効く。なにより感心するのは、観光地やゴルフ場の近くによくあるようなカーブの連続する道での、走りのよさだ。すいすいと曲がっていく。ロードスターを作っているメーカーのSUVだなあと改めて感心したほどだ。

走りと燃費を両立 新開発の直列6気筒エンジンを搭載したマツダ「CX-60」
スポーティなドライブを楽しませてくれる マツダ提供

カーブでは、後輪内側に軽くブレーキをかけて、車体の挙動を安定させ、コーナリングを助けてくれる「キネマティックポスチャーコントロール」なるマツダ自慢の機構も、ロードスターに次いで採用されている。これもカーブを走り抜けるときの爽快感に寄与しているようだ。

信号待ちなどで耳を澄ますと、ディーゼル特有のカラカラという音が遠くから聞こえてくるが、走り出すと、マツダのサウンドエンジニアの仕事で、低いスポーティな音に変わる。音の波形を調整して、クルマ好きが快感を感じる音を作っているんだそう。

前席も後席も広く、インテリアデザインはマツダ流ともいうべき、クリーンさ。ごちゃごちゃとスイッチが並ぶのを避け、きれいにまとまっている。素材の質感も高いし、ドアの閉まり音など作りもいいかんじだ。

とにかく、自分たちの理念にこだわるマツダ。CX-60は、ファンにはたまらない贈りものといえるかもしれない。今回のe-SKYACTIV-Dが9月に発売され、4気筒ガソリンエンジンのプラグインハイブリッド「eーSKYACTIV PHEV」、3.3リッター6気筒ディーゼル(マイルドハイブリッドなし)の「SKYACTIV D3.3」、そしてベースモデル「SKYACTIV-G 2.5」の3車種は22年内の発売が計画されている。

写真=筆者

【スペックス】
車名 Mazda CX-60 e-SKYACTIV-D
全長×全幅×全高 4740×1890×1685mm
エンジン 3283cc直列6気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド 全輪駆動
最高出力 187kW@3750rpm
最大トルク 550Nm@1500〜2400rpm
燃費 21.1km/リッター(WLTC)
価格 505万4500円〜

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら