&w

PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?
エンダースキーマ(Hender Scheme)の2021年夏秋コレクションが発表された。

エンダースキーマでは、前回(2021年冬春)のコレクションから、シーズンタームの概念を「冬春(winter/spring、ws)」と「夏秋(summer/autumn、sa)」へと変更。今回発表の夏秋コレクション(夏秋)は、6月12日より、エンダースキーマの直営店「スキマ」と、全国の取り扱い店舗にて順次発売予定。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?
エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?

今季も新作のレザーシューズやバッグ、小物が登場。

レザーシューズとスニーカーが独自のバランスで融合されたドレスブーツや実験的な構造のミュールなどの独創的なシューズをはじめ、ボタニカル柄のキルティングシリーズやウールブランケット、新たに採用された表情豊かで艶感のあるベジタブルタンニンレザーのスモールレザーグッズなど、エンダースキーマの多面的な視点から生まれたアイテムがラインアップ。本記事では、その一部を紹介する。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?ブランドらしさを体現した、今季のコレクションを代表するシューズ「冗談一(じょうだん いち)」
冗談其の一。既視感あるスニーカーのディテールを擁したウィングチップのドレスブーツは、レザーシューズとスニーカーの“隙間”に誕生したプロダクト。スムースレザーのアッパーとマッケイのダブルソール、ジグザクのアイステイやサイドパーツなど、クラシックなレザーブーツに、スニーカーの要素がシームレスに融合され、心地よい違和感を感じさせてくれる一足。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「ロープ サンダル(rope sandal)」
ネット状のアッパーとかまぼこソールを合わせた「ロープ サンダル」は、2018年春夏シーズンにリリースされたレザーシューズ「UFO」で生まれたミッドソールのデザインをアイデアソースに、つり込まないサンダルをコンセプトに誕生。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「シュラフ パンプス(schlaf pumps)」
エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「シュラフ ブーツ(schlaf boots)」
寝袋を意味する「schlaf(シュラフ)」を冠したシューズ2型は、規格外に余白を持たせたアッパー、をコードで締め上げる、寝袋のような構造がネーミングの由来に。素材には、防水の3レイヤーナイロンを使用。パンプスは、発泡ラバーソールを用い、返りの良さと軽さを実現。履き口のストレッチコードによってギャザーができるシンプルなスタイル。ブーツは、トゥは撥水スエード、ソールにはEVAを用い、くるぶしと筒のサイドにコードを配置し、シルエットに動きを出すことが可能なデザインに。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「ホーン ローファー(horn loafer)」
水牛のトグルがポイントのローファーは、撥水スエードのアッパーに、Vibram社による発泡スポンジの軽量で返りのよいソールを採用。シンプルながらコーディネートのアクセントになるデザインと、機能性の高い素材選びによって、様々なシーンを行き来できる一足に仕立てられている。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「トーン(tone)」
クラシックなスニーカーをレザーシューズの製法、素材、そしてイメージを用いて再構築した「トーン(tone)」は、スニーカーとレザーシューズの両者の良い点は残しつつ、軽やかな足入れにデザインのプライオリティーをおいて仕上げられたシューズ。レザーシューズ特有の味わいと、スニーカーのフォルムと履き心地、ドレスとカジュアルの両面を併せ持つ一足。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?2021年冬春コレクションで初ローンチされた「フット キャスト(foot cast)」シリーズにも新作が登場。
「フット キャスト」は、自分の足からレザーシューズを成形できるセルフ・モデリング・プロダクト。伝統的な革靴のオーダーメイドやテクノロジカルなスニーカーの文脈とも異なる、エンダースキーマ独自のアプローチによる新しい試みで、シューズを水につけ、濡らしたシューズに足入れをして馴染ませることで、足形に馴染ませるというもの。今シーズンは、新作を1型が加わり、既存のモデルと合わせて全3型の展開。

この他にも個性豊かなシューズのコレクションがそろう。続いて、レザー小物や雑貨類もチェックしておきたい。多数のコレクションの中から、エディターが特に気になった5アイテムをピックアップ。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「キャンパス トート スモール(campus tote small)」
2016年春夏シーズンに発売がスタートしたエンダースキーマのロングセラーのトートバッグ、「キャンパス トート スモール」の新型が登場。長めのハンドルだけでなく、ボディの開口部によりそうショートハンドルが付いており、2ウェイ仕様となっている。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「スリーレイヤード パース(3 layered purse)」
3層構造の新型ウォレット「スリーレイヤード パース」は、コイン、カード、お札の入る3サイズのポケットを縫い合わせ、一度のジップの開閉で全てのポケットにアクセスできる、エンダースキーマ独自のデザインがグッド。コンパクトながら十分な収納力をと機能性を併せ持つ、新しいプロダクト。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「レザートレイ(leather tray)」
日常のシーンにさりげないアクセントを添えてくれる、シンプルでデイリーな雑貨も見逃せない。例えば、簡易的で味気なかった在宅ワークのデスクに、このレザートレイを一つ取り入れてみるだけでも机上のムードは変わるもの。ペンやクリップ、USBなど、仕事に使うマストな小物はここを定位置に、なんて。経年変化も楽しみながら愛用してみては?

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「Kjedahl flask long」
ファーストリリースから毎シーズン注目している人も多い「“science vase:化瓶”」シリーズにもニューモデルがお目見え。今回新作として発表されたのは、ロングネックのナスフラスコと、3枚のレザーを組み合わせて直立させるデザインの一輪挿し。50mlから500mlの全5サイズで展開。

エンダースキーマ 2021夏秋コレクション、ブランドらしいウィットに飛んだシューズ「冗談一」とは?「アッセンブル ウォールポケット ティシュー(assemble wall pocket tissue)」
ガラスレザーをリベットで留め、ステッチレスに成形する「アッセンブル」シリーズに新型バッグとウォールポケットが登場。ウォールポケットのラインでは、写真のティッシュケースの他に、ステーショナリーからスマートフォンまで収納できる5種のラインアップで登場。

この他にも多数の新作がリリース。アイテムのラインアップは、記事末のサムネイルにて。

【お問合せ】
エンダースキーマ
TEL:03-6317-7470
URL:http://henderscheme.com

【直営店】
オフィシャル オンラインショップ
URL:http://online.henderscheme.com

スキマ 恵比寿
住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-20 長谷川ビル1F
TEL:03-6447-7448

スキマ 合羽橋
住所:東京都台東区元浅草4-2-10 高橋ビル1F
TEL:03-6231-7579

スキマ 宮下公園
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK North 2F
TEL:03-6434-1197

>>その他のエンダースキーマの記事はこちらから

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら