&M

PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

2020東京五輪-総合馬術クロスカントリー

AsiaNet 90959(1767)

【東京2021年8月2日PR Newswire=共同通信JBN】
クロスカントリーでタウネンドがトップに返り咲き、英国が再びリード(Louise Parkes記者)

世界ナンバーワンのオリバー・タウネンド(Oliver Townend)は1日、海の森で行われた2020東京五輪の総合馬術クロスカントリーでBallaghmor Classに騎乗し、馬場馬術第1日に手にした個人のリードを取り戻した。チームメートのローラ・コレット(Laura Collet)(London 52)とトム・マクウェン(Tom McEwen)(Toledo de Kresker)の完璧なパフォーマンスで、英国チームは、最も近いライバルに対して4つのフェンスを手中にしたまま、2日の障害馬術団体決勝に進む。

▽奪われたリード

タウネンドのリードは、31日午前、馬場馬術の終盤にドイツのミヒャエル・ユング(Michael Jung)に奪われたが、この五輪2冠のチャンピオンは1日、Chipmunkに騎乗し、それまでは完璧な演技だったが、第14障害物Lone Tree Mogulsのコーナー部分のもろいデバイスを引っ掛け、トップの座を失った。German National Federationは結果として生じた11のペナルティーに対してクロスカントリー直後に抗議を申し入れたが、Ground Jury(競技場審判団)により却下された。

ドイツの先駆者、ユリア・クライエフスキー(Julia Krajewski)はAmande de B’Nevilleに騎乗し、ミスのない演技で2位につけて2日の決勝に進む。しかし、ドイツチームは2位から6位に転落しメダル争いからは大きく離れている。

▽対照的

極めて対照的だったことに、オーストラリアとフランスがこの日に素晴らしいパフォーマンスで順位を上げ、2、3位につけた。馬場馬術後に6位だったオーストラリアは、ケビン・マクナブ(Kevin McNab)とDon Quidamが2.8のタイムペナルティを加えたのみで、シェーン・ローズ(Shane Rose)(Virgil)とアンドルー・ホイ(Andrew Hoy)(Vassily de Lassos)はいずれも申し分のない結果だった。

▽防衛

フランスは五輪チームのタイトル防衛に苦戦を強いられていたが、1日、クリストファー・シクス(Christopher Six)(Totem de Brecey)がスコアラインに1.6のタイムペナルティを加えたのみで、ニコラ・トゥザン(Nicolas Touzaint)(Absolut Gold)は規定の7.45分をわずかにオーバーし0.4を加え、アンカーのカリム・フローラン・ラグワァグッツ(Karim Florent Laghouag)はタイム内にクリアした。97.10のスコアで、2日の競技再開時にはフランスはわずか1ペナルティポイントでオーストラリアにリードされ、ニュージーランド(104.00)が4位、米国が5位(109.40)、ドイツが6位(114.20)である。

リポート全文:https://inside.fei.org/fei/your-role/media
結果:https://tokyo2020.live.fei.org/

画像
編集専用の画像は以下のFEI Flickrから入手可能。
https://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282

FEIソーシャルメディア
Facebook(https://www.facebook.com/the.fei/
Instagram(https://www.instagram.com/fei_global/?hl=en
Twitter(https://twitter.com/FEI_Global?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
FEI-YouTube (https://www.youtube.com/channel/UCb3uedNKWKG7gGDYQJ1VsWg

#EquestrianEventing #Eventing #Equestrian #Tokyo2020 #Olympics

ビデオコンテンツ
すべてのビデオ画像は
All video footage is available at https://fei.broadcast-content.tv/ から入手可能。ログインの詳細はmedia@fei.org を参照。Password:FEI2018

メディアツールキット
FEI Equestrianのメディアキットは以下で閲覧可能:
https://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf

大会期間中のメディア向け更新と協議結果は以下を参照:(https://inside.fei.org/fei/your-role/media
https://tokyo2020.live.fei.org/

五輪競技の馬術の詳細は以下を参照。(https://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/
https://olympics.com/en/sports/equestrian/

▽FEIについて
https://inside.fei.org/fei/about-fei )を参照

▽メディア問い合わせ先
Shannon Gibbons
FEI Media Relations & Media Operations Manager
Shannon.gibbons@fei.org
+41-78-750-61-46

Photo- https://mma.prnewswire.com/media/1585756/TOKYO_2020.jpg
Logo- https://mma.prnewswire.com/media/1578235/Logo.jpg

ソース:FEI

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら